ブログパーツ ばるさん 隣の芝生(他ゲーム)は青い(まぶしい)話。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隣の芝生(他ゲーム)は青い(まぶしい)話。


■ エルシャダイ

話題のエルシャダイ体験版やってみました!
良い意味でも悪い意味でも「挑戦的なゲーム」です。

・世界観、表現力は目を見張るものの、オーソドックスなアクションゲーム。
・HPなどのステータス表示がない。数字ではなく視覚的に判断する。
鎧が壊れる>HP減少。武器の色 白>赤 装備耐久度減少など
・武器は成長要素がない。
・説明は最小限に留め、自分でコンボ、操作方法を開拓する必要がある。

*世界観、表現力はすばらしい。この点で評価が分かれる事はなさそうです。問題はアクションパート。
アクションは本格的。腕を装備品の強化で救済する部分もなく、あえてユーザーを突き放して自分なりの戦い方を模索しなさいというスタイルです。
今のチュートリアルが懇切丁寧なゲームに対する挑戦状を突きつけているようです。
『信長の野望online』とは真逆のゲームといえます。
この部分を面白いと思うか、不親切と感じるかで評価が完全に二分してしまいそうです。

発売後の評価が非常に興味深いです。

■ ドラゴンズ ドグマ

カプコンが2012年に発売予定のドラゴンズ ドグマ、
一人用のオープンワールドのRPGで日本ではめずらしい形態のゲームです。
比較的、開発資金に余裕のあるカプコンだからできる事なのかもしれません。

一人用のゲームではあるのですが、引率NPCを育成できるシステムが導入されており、
ネットワークに繋げていれば、他のプレイヤーの引率NPCもレンタルできるようです。

以前の記事でも引率NPCに関する似たようなアイディアを書きましたが、
「ゆるいつながり」というのは今後のゲームの鍵となりそうです。
「一門」やら、「プライベートダンジョン」は今の流れに逆行するシステムなのかもしれません。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/18 14:50 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/829-d0f5bd1a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。