ブログパーツ ばるさん 素人が考える電力不足問題






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

素人が考える電力不足問題

東北大震災に起因した電力不足問題はどうして起こってしまったのか。
素人目線で考えてみたいと思います。

正直、昨日今日の記事は、このブログの主題とは完全に違うわけではありますが、
他所様のブログを拝見していると、被災地では白いご飯を食べられない方がいるという記事を見て
昨日はその事が頭から離れなかったんです・・・。明日くらいからは明るくゲームの話題に戻しますので
今日までは御付き合いください。申し訳ない。

まずは、東京電力の発電所の内訳を見て見たいと思います。

■東京電力の発電所内訳 6266、3万kw

引用:wikipedia 「東京電力

水力発電所:160箇所(852万kW) 全体の約13,5%
火力発電所:26箇所(3,683.1万kW) 全体の約58,7%
原子力発電所 :3箇所(1,730.8万kW)全体の約27,6%
風力発電所 :1箇所(500kW) 全体の約0,0007%
地熱発電所 :1箇所(3,500kW)全体の約0,005%

►原子力発電所
* 福島県  
o 福島第一原子力発電所
o 福島第二原子力発電所

* 新潟県
o 柏崎刈羽原子力発電所 821、2万kW

全体の27.6%もの発電に原子力発電で利用されている事がわかります。
その3箇所の内の2箇所が東北大震災で被害を受けてしまった訳です。
素人目に見ても電力不足に陥るのはわかることですよね・・・。

また、新潟県の柏崎刈羽原子力発電所も、
2007年7月の新潟県中越沖地震により変圧器火災発生により、全面停止がされています。
膨大なエネルギーを得る代償としてリスクも伴うのが原子力発電の問題点のようです。
どれだけ安全面に配慮しても自然の力、天災による想定外の事故の発生確率はどうやっても
無くす事はできません。

ですが、どれだけ節電したとしても、圧倒的に電力が足りません。
いずれにせよ、代換の電力発電所を建設しなければ、安定した電力源を得る事はできません。
今後は、原子力発電所の風辺り、世論はずっと厳しいものとなるでしょうし、
そうそう簡単に新たに建設というのは難しそうです。

とはいえ、他に有力な候補が無い事も事実です。
一見、火力発電が良さそうに見えますが、効率のよい石油火力発電所の新設禁止されています。

第二次石油危機の発生を受けて、1979年5月に行われた第3回国際エネルギー機関(IEA)閣僚理事会において、
「石炭利用拡大に関するIEA宣言」の採択が行われた。
この宣言には石油火力発電所の新設禁止が盛りこまれていたため、
それ以降日本でも原則として石油火力発電所を新設することが出来なくなった。

引用:wikipedia 「火力発電所

石炭かLNG(天然ガス)での火力発電所しか建設できないのが現状。
環境の悪化や、コスト面等での利用者への負担が懸念されます。
原子力発電所にせよ、火力発電所にせよリスクがついてまわってしまうようです。

電力不足問題は、今後、解決の糸口の見えない深刻な問題となりそうです。

追記:東京電力は、電力不足解消のため、
休止状態にあった火力発電所を再稼動する方針を明らかにしたそうです。

運転休止中の火力発電所を次々稼働へ 東電 アサヒネット

あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/03/17 05:12 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(2)

電力に限らず

使わずに捨てたり無駄に消費してるものが今の我々の生活の中には沢山あります。
私が子供の頃なら親に張り飛ばされそうな冷暖房の使い方や、輸入食料の半分弱を廃棄してる事実とかを考えればすぐわかることですね。
振り返って思うに、今回の停電や食料品が一時的とはいえ不足した‥という事象が、必要不可欠なものとして我々が疑うことをしなかった“当たり前”を疑うきっかけになってくれればと思います。
需要は意図的に創出され、その需要によって経済が活性化して社会が潤うという理屈は否定しませんが、需要増を社会が盲信・正当化し続ければ、危険とされる原発建設・運転だってやめるにやめれない状態が延々続くだけだろうと思います。
[ 2011/03/17 08:39 ] [ 編集 ]

Re: 電力に限らず

> 使わずに捨てたり無駄に消費してるものが今の我々の生活の中には沢山あります。
> 私が子供の頃なら親に張り飛ばされそうな冷暖房の使い方や、輸入食料の半分弱を廃棄してる事実とかを考えればすぐわかることですね。
> 振り返って思うに、今回の停電や食料品が一時的とはいえ不足した‥という事象が、必要不可欠なものとして我々が疑うことをしなかった“当たり前”を疑うきっかけになってくれればと思います。
> 需要は意図的に創出され、その需要によって経済が活性化して社会が潤うという理屈は否定しませんが、需要増を社会が盲信・正当化し続ければ、危険とされる原発建設・運転だってやめるにやめれない状態が延々続くだけだろうと思います。

今回の大震災は考えさせられる事が多いです。
ただ、豊かになろうっていうのは世の中を動かす一つのエネルギー原動力だと思います。

特に今は、アメリカ一強から、BRICsといった新興国を中心に
世界中の国々が豊かになろうと経済発展してきている消費型社会が推し進められようとしてきています。
この世界的な流れは押し止めるのは難しい気がします。


[ 2011/03/18 16:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/789-53caf208







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。