ブログパーツ ばるさん 徒党編成の形式の現状。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

徒党編成の形式の現状。

ゲーム人口の平均年齢の高齢に伴い、1プレイ辺りに時間を割ける人が減少してきています。
狩り、ボスの時間短縮が求められているのが現状です。
その中の課題の一つとして、「徒党編成」の形式が挙げられると思います。
そこで、今回は現在存在する「徒党編成」の形式について触れていきたいと思います。


■対話型

・ゲーム開始時より、現在まで取られている手法。
党首が対話で、目的、時間等を伝えて集める形式。
他に、党員募集マークを出して希望者からの対話を待つ形式もある。

メリット:事前に目的等を伝えて、集めるため、狩りやボス戦におけるトラブルが発生しにくい。
デメリット:一人一人確認を得る必要があるため、編成に時間がかかってしまう。


■現地編成型

・目的の狩り場/ボスの前で直接党員を集める手法。

現地で党員募集を出しつつ狩り続ける「泣き草」型
徒党参加希望の合図を所作で集める「かわら板」型
敵を叩いて、即救援を出す「ゲリラ(祭り)」型等がある。

「泣き草」型
メリット:党員募集しながら、狩りをする事ができるため、待機時間が存在しない。
デメリット:辞め時が難しい。
ここまでというラインも存在せず、現在進行形で党員募集をしづつけるため、
解散するのか継続するのかタイミングを掴みにくい。

「かわら板」型
メリット:対話>了解を得るという段階を省く事ができるため、徒党編成がスピーディーに行う事ができる。
デメリット:新規の人が、所作=勧誘の意思表示だと思い込んでしまう事でトラブルが発生する。

「ゲリラ(祭り)」型
メリット:任意のタイミングで参加・休止できる。
デメリット:1人~少数で、叩いて救援を出すため、どうしても戦闘に時間がかかるケースが多い。


■自動編成型

トライアルダンジョンの目玉として実装されたシステム。
登録し、自動で徒党がマッチングされる。
既存の徒党編成の問題点の大部分をクリアする手法だと期待されましたが、定着はしませんでした。
トライアルダンジョンの例であげれば、参加目的が、修得・攻略目的に分かれますし、
それぞれに適した構成があります。そこまでは自動編成ではカバーしきれないため、
トライアルダンジョンの外で党員を募集する形式が取られました。

メリット:登録さえしておけば、自動的にマッチングされる。
デメリット:自動で組まれてしまうために、参加目的が食い違ったり、
目的には適さない構成になってしまうケースが出てきてしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*プレイヤー毎に目的(狩り・攻略等)が違うために、
その点を事前に確認しないとトラブルが発生する危険性があるのが「徒党編成」上の最大の問題点であるようです。
その為、依然として対話型の徒党編成が主流となっています。
ですが、この形式では、どうしても時間がかかってしまいます。今の時代には適しているとは言いがたいですよね。
この点は、開発さんも認識しているらしく、
争覇期、目的指定システムといった機能が検索機能で取り入れられましたが、定着とまではなっておらず


2011y02m23d_050114296.jpg

今も頭を悩ませる要素となっているようです。

また、徒党ありきの狩り場が多く、党首はどうしても性格的にできない人や、
ソロプレイの方が性に合う人にも優しくない現状もあります。

徒党編成については、プレイヤーや、開発さんで共に考えていかなければならない問題のように思えます。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/23 06:17 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/765-5c1b7209







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。