ブログパーツ ばるさん 【新星の章・第二陣対応】 「修験法力」通知表






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【新星の章・第二陣対応】 「修験法力」通知表

*通知表シリーズの【新星の章・第二陣】対応版です。
*第一陣に引き続いて「田北鎮周」先生責任監修です。
*当ブログの独自の主観による評価です。参考程度にとどめて皆さん各自で本当の評価をしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■基本データ

●ステータス成長率:生命D 気合C 腕力D 耐久C 器用A 知力C 魅力B

●スタイル:「呪詛」で相手を弱体、行動を制限する妨害役としての特徴を持つ攻撃的な「薬師」

●オススメ初期振り:耐久知力魅力をお好みで。

●技能覚醒ステータス項目:生命1000 気合800 腕力- 耐久- 器用- 知力110 魅力30 属性40

●育成タイプ:普通

2010y12m21d_051053421.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■第二陣での強化・弱体要素。

【強化・9月】般若護摩法 :待機時間短縮(15分>10分)
【強化・9月】柴灯祈療 :待機時間短縮(10分→5分)

2010y12m21d_051805796.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■育成指導方針

技能覚醒:★天狗法力、◎護鬼法力、◎攻撃呪霧・四、◎般若護摩法、○荒行
装備:知力魅力

2010y12m21d_052021531.jpg


■項目別評価

評価項目コメント評価
人型NPCボス「人取橋」のような異常な攻撃能力をもったNPCには得意の呪詛では効果薄。
基本に忠実に回復役に徹していきたい。護鬼法力は浄化のような意味合いでの使い方もできる。
B(→)
非人型NPCボス「医療杖術」でもって回復能力は底上げされている為、十分に戦える。
呪詛を挟む間を作り、使用するだけの価値があるのかは
状況状況で判断していきたい。
B(→)
徒党対人戦対象の付与を反転してしまう「天狗法力」「裏鬼門」「攻撃呪霧・四」といった呪詛。
「仏滅密呪」「邪念無散」といった解除技能も完備。
回復役というよりも、回復能力もある妨害役としての役割を求められる。
S(↑)
徒党狩り特化技能の大半が「呪詛」「解除」技能、
近年の狩りでは回復役にも攻撃能力を求める傾向があるため、不利な面はある。
C(↓)
ソロ・少数狩り修羅装備での劇薬丹投げで評定軍事は十分可能。C(→)


2010y12m21d_053211843.jpg


■第二陣・総評 「呪詛」で今後のNPCボス戦を戦いぬけるか?!

「修験法力」の特化スタイルは、
「呪詛」で相手を弱体、行動を制限する妨害役としての要素が強い事が特徴となっている。

回復能力に特化し、詠唱がない状態でも回復手段が豊富な「高等医術」
予防策を施すことで徒党に安定性を持たせる「神通霊力」
他の薬師特化はいずれも対象を味方としていることが多いだけに

「呪詛」で相手に働きかける「修験法力」は最も攻撃的な特徴を持つ薬師といえる。
対人戦では「呪詛」に加え、「解除」技能も備えているため、「妨害役」として、有力特化の一つとして挙げられている。

問題なのは、ボスNPC戦。
パワーインフレの影響で現在の「呪詛」の効果だけでは、
回復の手を緩めてまで使用するだけのリスクに見合う「弱体」効果を得られなくなりつつある。

代替案として登場してきているのが、味方に耐性効果を付ける「護鬼法力」
耐性効果を付けることで非ダメージを減らす事は、
元の特化スタイルのコンセプトとは異なるためまだまだ未成熟。これから煮詰められていきそうだ。

2010y12m21d_052918968.jpg


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/694-753386b9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。