ブログパーツ ばるさん 「新星の章」について想う事をつらつらと。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「新星の章」について想う事をつらつらと。

11月に突入し、今年もあと2ヶ月となりました。
昨年の11月とはいえば、拡張パック第4弾「新星の章」の発表会が11月29日に行われました。

拡張パックはもう出ないのでは言われていた時期でしたので
「新星の章」の発表に沸いたのを思い出されます。

しかし、1年近くを経た現在、サービスが開始されている「新星の章」は贔屓目で見てもとても成功したコンテンツだとはいえません。

チャプター制で順次新しい遊びを提供するはずが、チャプター2の分割アップデートの1つ目で停止している状態です。
製品発表会で出されたムービーに登場するボスは姿形すら現れてもいません。
最近のアップデートは「新星の章」での不満点の解消に終始していて、
非常に未完成な状態でPS3版の発売を迎えようとしています。

どうしてこうなってしまったのかといえば「一門(ギルド)システム」の失敗に他なりません。

「新星の章」は「一門の刻」や「第一陣」を見る限りでは「一門(ギルド)システム」を中核としたゲームデザインとなっているようでした。
第二陣、第三陣もそのゲームデザインに準拠した構想になっていたはずです。

ですが、『信長の野望online』だけではなく、
ゲームそのものがどっしりと構えてプレーするのではなく、短時間で自分のペースで遊べることが好まれるようになっていています。
この事は『信長の野望online』が発売された7年前が「プレイステーション2」等の据え置き機がゲームの主流でしたが、
現在はDSやPSP、携帯、i-podなどの携帯機に主流が移り変わっていることからもわかることです。

ゲームのシステムでプレースタイルを大いに拘束してしまう危険性のある「一門(ギルド)システム」は
現在のゲームの流れに反するものであり、ユーザーからの強い拒否反応を起こしました。

「新星の章」当初は根強い反対意見も押し通し、
「一門(ギルド)システム」を中核にしていこうという開発さんの方向性も見えましたが、
ユーザーの声を無視する事もできず、大幅に方向転換することになりました。

その方向転換ために、チャプター制の進行も大幅に遅れているようです。

現在のニーズである、短時間で自分のペースで遊べることを踏まえ、
PS3版を本当のスタートとして「新章」を迎えて欲しいと切に願います。

発売日前後から初めて当初の熱気のようなものを感じ取った世代としては、
決してこのまま終わってしまって欲しくないです。

自分でも何で修行僧のようにブログを続けているのかわからなかったのですが、
そういうところに理由があったのだと最近気が付いてきました。



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/11/03 04:01 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(2)

短時間で自由に

という点では、より一層の改善が欲しいですね。
pt狩をやってて思いますが、鬼・松も入口近くに敵nを多く配して随伴npcを使えるようにしてくれるだけで少人数で縛りや気兼ねなく徒党遊びができるのに・・と思うと、残念な感じがします。
プレイヤーの嗜好や動向にもう少し敏感になって、一門に依存しなくても遊べる工夫を期待したいですね。
尚、エラそうなことを言ってますが、信on初心者です。
><
[ 2010/11/04 02:13 ] [ 編集 ]

Re: 短時間で自由に

> という点では、より一層の改善が欲しいですね。
> pt狩をやってて思いますが、鬼・松も入口近くに敵nを多く配して随伴npcを使えるようにしてくれるだけで少人数で縛りや気兼ねなく徒党遊びができるのに・・と思うと、残念な感じがします。
> プレイヤーの嗜好や動向にもう少し敏感になって、一門に依存しなくても遊べる工夫を期待したいですね。
> 尚、エラそうなことを言ってますが、信on初心者です。
> ><

鬼門や、松島だけでなく、
どこでも連れて行ける随伴NPCがいると、ソロや少数狩りでもあそべそうですよねー。

[ 2010/11/05 02:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/641-b78351aa







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。