ブログパーツ ばるさん 「人取橋」は「第二陣」の試金石だ!






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「人取橋」は「第二陣」の試金石だ!

「人取橋」を一通りプレーされた方は、
今までのダンジョンとは大きく仕様が異なり、ギミックが非常にユニークなことに気が付かれていると思います。

・侵攻型に拠点戦と同様の引率NPC(足軽六右衛門)の登場。
・電光石火や、滅殺閃など今まで見かけなかった技能を使用する敵NPCの登場。
・隠し通路や、試練のボスを倒すことで一部の赤ネームNPCが黄色ネームになる。
・1徒党でも攻略可能。大人数でも追加試練を受けられる。
・試練のボスは強いが、実装初週でも対策を練る事で倒せる範囲。


こうして見るに「人取橋」は「第二陣」の試金石とも言える位置づけなのではないでしょうか。

「人取橋」単品では、攻略チームの方は物足りないと思います。
何故なら「人取橋」は試験的な意味合いが非常に強く、
「大黒天」のような現時点でどうにもならないような強さのボスは追加されていないからです。

破天の後期、フィールドに追加された旗ボスが、のちの争覇の特殊仕様のボスの実験的な意味での
追加であったことは今ではよく知られていることです。
特に現在はテストワールドが停止していますし、実験的な要素は本ワールドで検証するしかありません。
かといって思い切った変更もそうそうはできないので、「人取橋」という限定的なゾーンでの実験となっているのでしょう。

「第二陣」では、複数のダンジョンが追加される、とのことですから、
この説が正しかったかどうかがは後に証明されると思います。

「人取橋」の実験要素の中で個人的に気になっているのは、成長要素のある引率NPC「足軽六右衛門」です。
これは将来的にプレイヤー、一人一人に引率NPCは与えられて、名前を付けたり、技能のカスタマイズができる、
ぺットシステム(あるいは従者システム)の前段階ではないかと考えています。

以前、自分がネタで書いた嘘ペットシステムも現実味を帯びてきた予感!


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/08/01 12:33 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(2)

召喚7VS7だとPS2がクライアント落ちするという問題を乗り越えないと、各プレイヤーに従者はつけれない感じがします。
[ 2010/08/01 12:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 召喚7VS7だとPS2がクライアント落ちするという問題を乗り越えないと、各プレイヤーに従者はつけれない感じがします。

PS2も発売から10年ですし、技術的な問題もありそうですよね。
従者システムは面白そうなので何とか追加されて欲しい所ではあります。
[ 2010/08/02 09:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/523-d3eba838







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。