ブログパーツ ばるさん 第二陣「飛翔!独眼竜」まとめ① 新ダンジョン「人取橋」






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第二陣「飛翔!独眼竜」まとめ① 新ダンジョン「人取橋」

参考:「新星の章」第二陣「飛翔!独眼竜」


第二陣「飛翔!独眼竜」

サービスイン 7月28日

■特設ページでは情報公開第一弾として「人取橋」について特集しています。
簡易的なまとめと、注釈をしています。
*注釈はあくまでも「当ブログによる見解による補足」です。 公式での見解ではありません。
区別するために紫字にしてあります。


►新ダンジョンの追加:人取橋

人取橋の戦い。
天正13年(1585 年)行われた、佐竹氏および蘆名氏らの南奥諸大名の連合軍と伊達氏の戦い。
伊達氏の敗戦に終わっている。

・史実を題材としたダンジョンのようです。
・負け戦であることから、伊達政宗を護衛、逃がすようなクエストが予想されます。

登場人物
2010y07m07d_180242281.jpg

伊達政宗:独眼龍。主人公。
片倉小十郎:伊達政宗の軍師役。
伊達成実:伊達政宗の重臣。
鬼庭左月斉:鬼庭綱元の父。殿軍を努める途中で岩城氏の家臣・窪田十郎に討ち取られる。
足軽六右衛門:?


・「足軽六右衛門」は、慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航した「支倉常長」の
初名が「六右衛門長経」であることからこの人物がモデルなのかもしれません。
「支倉常長」は1571年生まれですし、「海の向こうへ行くという大志」というセリフがヒントになっています。
設定上は無理がないです。


2010y07m07d_183603296.jpg


►特徴

■「鬼門比叡山」「松島」のすべての試練をクリアしていなくても、「人取橋」から挑戦できる。

・すべてという範囲がどこまでのクリアを指しているのかわかりませんが、前情報の通りのようです

■7人徒党で攻略できる。複数人数で攻略できるオプション依頼もある。

・第二陣の最大の焦点でした。この点を大々的にアピールしていることから、
大人数での挑戦形式からの方向転換を計っていることが伺えます。


■自身の味方となってくれるNPC(足軽六右衛門)を連れていき、一緒に戦ってもらうシステムを導入。

足軽六右衛門は、試練を達成するにつれて成長し、使用する技能が変化したり、能力が上昇したりします。

・NPCを育成できる要素が追加されるようです。

■「独眼竜の野望」のダンジョンを攻略するための拠点・松島五大堂の追加。

「松島五大堂」

■両替商や御蔵番、修理屋、産物商の機能。
■鬼門比叡山、松島、人取橋の各ダンジョンと行き来できる
■馬借から、50貫を支払うと移動できる。

・「九州三国志」における「拠点」と同様の施設のようです。
・移動が不便であった「鬼門比叡山」「松島」への移動方法が改善されているようです。
・今後追加されるダンジョンも、ここから移動できるのだと思われます。


<つぶやき>

・「独眼龍の野望の一門ダンジョンを7人徒党で攻略可能にしてほしい」、「移動の不便さを解消して欲しい」
といったユーザーの声が反映されているのが特徴でしょうか。
NPCを育成できるといった新しい試みもしているようです。



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/07/07 19:18 ] 【復帰、新規者向け】 | TB(0) | CM(4)

 

インタビューにも「足軽六右衛門」は名前が変わっていくとありますので、
仰っていらっしゃるように支倉常長になる可能性が高そうですよね。
[ 2010/07/07 23:29 ] [ 編集 ]

Re:  

> インタビューにも「足軽六右衛門」は名前が変わっていくとありますので、
> 仰っていらっしゃるように支倉常長になる可能性が高そうですよね。

仮に支倉常長の志も描かれるとなると、
歴史好きには面白い展開かもですが、相当なボリュームになりそうですよね・・・。
[ 2010/07/08 06:27 ] [ 編集 ]

NPCと一緒に戦えるのはいいですね。
拠点戦を初めてやった時なんでこのNと一緒に戦えるシステムを鬼門とかで
取り入れなかったんだろうって思ってました。
[ 2010/07/08 23:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> NPCと一緒に戦えるのはいいですね。
> 拠点戦を初めてやった時なんでこのNと一緒に戦えるシステムを鬼門とかで
> 取り入れなかったんだろうって思ってました。

プレイヤーの声を取り入れて、大きく方向転換をしようとしているように見えます。
拠点のシステムが好評だったので、導入しているのではないでしょうか?
[ 2010/07/09 03:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/478-ec29b64d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。