ブログパーツ ばるさん 楽天と日ハムというチームから、「主人公」について考えてみた。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楽天と日ハムというチームから、「主人公」について考えてみた。

楽天がCSへ進出決定したことが、ネットや新聞紙面を賑やかしています。
しかし、本来1位でインフルエンザで主力を欠いた時期もあったという話題のあった、
日ハムはさほど注目されていません。グーグルでざっと検索してみたところ。

楽天イーグルス の検索結果 約 5,930,000 件
日本ハムファイターズ の検索結果 約 1,580,000 件

あくまで指標の一つではありますが、関心の度合いに明らかに差がありますね。
こういうのを読み解く時にキーワードが「主人公」という「属性」です。

漫画などでは物語を主導していく主人公を差し置いて、
脇役のはずの人物を「主人公」と呼ばれることがあります。

ダイの大冒険だとポップ
遊戯王だと城之内
*例えが古くてゴメンナサイ。

彼らは本来なら主人公に求められている「属性」
代わりに持ってしまっているので、そう呼ばれるのです。

両者に共通することは、
最初は弱かったけど努力して克服し強くなった。
といったところでしょうか。こういう要素がファンの琴線を引くわけです。

楽天と日ハムの話を戻すと、日ハムもかつてはそういう「属性」を持っていました。
新庄選手が引退を表明したシーズンですね。
しかし、リーグ制覇し日本一になったことで強豪チームという認識ができ、
その属性もなくなりました。実際に相手のミスをついたり、堅実な野球で
その後は何度も優勝争いをするチームとなりました。

楽天にはオリックスと近鉄の合併であふれた選手が中心となった
いわば寄せ集めチームで、これまで3年連続でBクラスというチームでした。
そんなチームが力を付けてCS進出にまでこぎつけた。
そこに主人公という「属性」があるのです。

実は、信長の野望onlineにもそういった「属性」を持った特化があるんですよね。

ええ。僧兵です。

フースーヤ「こんな落ちでもいいのかね?」
ゴルベーザ「いいですとも」

面白かったら1ポチお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
信On・ブログ






関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/07 03:07 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/45-645f1f87







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。