ブログパーツ ばるさん 「製品アンケート」から「コーエー」を逆分析!






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「製品アンケート」から「コーエー」を逆分析!

現在、「新星の章」の製品アンケートが公式サイトで実施されています。

こういったアンケートを行われる背景を見るに、
「コーエーさんは今後の展開に相当悩んでいる」ことが伺えます。
ユーザーの生の意見を求めているようです。

自分がこのように分析する理由としては、
「一門システム(ギルドシステム)」「独眼竜の野望(レイドダンジョン)」
の反対意見がユーザーの方から多数でていることです。
その意見を無視できる数でも無くなって来ていて、
「第2陣」以降での大幅な方向転換を迫られているからです。

どうして、コーエーさんが、上記のようなシステムを導入したのかと言えば、
従来の7VS7での徒党戦闘に限界が見えつつあるからです。

7vs7での徒党戦闘は、サービス開始からの戦闘方法です。
システム面でも、ユーザーでの戦法面でも、すでに完成系の段階まで達しつつあります。

アンケート項目にあった「新職業」を増やしたとしても、
追加当初は目新しさや新鮮さが出るかもしれませんが、明確な個性化を打ち出すこともできないと思います。
結局のところは、徒党枠に参加できるのは7枠だということには変化が無いからです。

従来の7vs7戦闘に変わる遊びの形態としてコーエーさんが提示したのが
「一門システム(ギルドシステム)」「独眼竜の野望(レイドダンジョン)」といった、
「1徒党以上での単位での複数戦闘」でした。
ですが、これはユーザーの多くの支持を集める事はできませんでした。
従来の7vs7の戦闘が良いというのがユーザーの多くの回答のようです。

ですが、もう手を加えられるとしたら、東西大合戦で実装された「武将NPCの強化」のように、
単純なパワーインフレしかできない段階まで来ていると言ってもいいと思います。

「信長の野望online」は良くも悪くも「戦闘」に特化したゲームです。
その核となる「戦闘」方法に手を付けられず、パワーインフレしかできない。
ここに、コーエーさんがアンケートに踏み切った原因とも言える悩みがあるのではないでしょうか。

それだけに、
今回のアンケートは、ユーザーの声が実際に反映されてシステムに採用される可能性が非常に高いと考えられます。

最近のアップデートでもユーザーの不満点は比較的迅速に対応しているように見られますし、
アンケートをして意見を取り入れようとしている「姿勢」はすばらしいと思います。

あとは、「方向性」です。
「戦闘」は従来の7vs7を踏襲するのであれば、もう伸び代はないと思います。
新規に「ボス」「ダンジョン」「技能」「成長要素」を増やしたとしても、
目新しさがある期間にしかユーザーの心はつなぎとめておく事はできないと思います。

「生産」も、新グラフィックや数値が増えるだけでは、飽きられてしまうと思います。
ですが、「戦闘」とは違い、限界突破、ウェイトマイナスや視覚効果以外に、
新しいレアリティを加えることでこちらは活性化ができる余地があります。

劇的に変化を加えられるとすれば、「戦闘以外の遊び」要素でしょうか。
現在こういった要素と言えば、「屋敷」「ペット」くらいです。元々、弱点とも言える分野です。

自分が以前製作したネタ記事( 【USOアップデート】 モンスター育成システム)も
「戦闘以外の遊び」が欲しいと言う願望から作成したところがあります。

「戦闘」以外で遊び倒せる要素が生まれる事で、「戦闘」に飽きてしまったユーザーも楽しめます。
また、製作ツールを公開して一部の仕様をユーザーに委託してしまっても良いと思います。
コンテスト等で競い合って、上位入賞者で良いモノがあれば、実際のシステムに採用するといった事ができれば、
コーエーさんとユーザーの距離も縮めることもできると思います。

「製品アンケート」によって、良い「方向性」に向かっていくことを1ユーザーとして切に願います。



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/06/14 08:14 ] 【復帰、新規者向け】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/439-a65c8ce4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。