ブログパーツ ばるさん 鯖の垣根を越えた交流をユーザーは強く望んでいる。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鯖の垣根を越えた交流をユーザーは強く望んでいる。

先月、上覧に出たのを機に開始したこのブログですが、
まだ日は浅いのですが、自分でも思った以上に見てくれてる方がいるようで、
たまに対話で見てますとか、他鯖のブロガーの方からコメントもらえたりと、
日々の変化を感じるあなたの僧兵ばるです。

自分は発売日直後くらいから初めている古参のほうで、
ずっと覇王鯖でプレーしています。
当初は、その鯖の
所属している国というものを強く意識してプレーすることが、全体の風潮でした。
今では信じられないことですが、
敵対する国の人とは徒党を組まないとか、物は売らないとかいう、
一種のナショナリズムみたいなものがありました。

今振り返れば、さすがに物売らないとかはしてはいませんが、
自分もかつては勘違い発言を繰り返すようなこともしていたので、
苦い思い出だったりもします。多くの方にも迷惑をかけました。

当時はプレー人口も多く、合戦も規模があって、
権謀術数?のような活動も影ではあったみたいですね。
コレといったイベントがなくても、合戦やら会議がイベントのようなものでした。

しかし、簡単に復興できるシステムで天下統一という終わりの見えない仕様や、
飽きられてきたのもあるのか、段々と人口は減っていき、
国というものも意識が希薄になってきています。

浪人で各地を転戦している傭兵プレイをしている方も増えてきていますね。

そういった中でも上覧武術大会の実装は、一種の光明みたいなものを感じます。
今まではブログやらHPで知ることしかできなかったり、
出会うこともなかったであろう他鯖の人と、交流できる機会ができたからです。


問題は残っているものの、未だに関心が強いのは、
鯖の垣根を越えた交流をユーザーは強く望んでいる現れではないでしょうか。
鯖対抗の東西も盛り上がりましたしね。全鯖TD案とかいうのもよく聞きます。

これからは鯖の国勢よりも鯖の垣根を越えた交流を主軸に置いていけば、
信オンもまだまだ盛り返せそうな可能性はあります。

・・・・・今回は落ちも笑い所もありません。つまらない文章だったのかも・・・スンマセン。

1ポチお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
信On・ブログ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/10/04 03:00 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(2)

No title

ぽろりを強く望んでいる。
[ 2009/10/04 11:20 ] [ 編集 ]

No title

ぽろりしたら、
このサイトがポッキリ消滅します・・・。
[ 2009/10/04 12:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/37-2321a018







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。