ブログパーツ ばるさん 「伊達政宗」まとめ②「後半生」






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「伊達政宗」まとめ②「後半生」



「伊達政宗」の後半生は徳川家との繋がりが密接となってきます。
それでも「天下への野望」をあきらめきれない政宗は最後の賭けに打って出ます。

*「独眼竜の野望」に登場することが確定・ほぼ確定の人物・勢力は赤字にしてあります。


■「後半生」

1601年 仙台に拠点を移す。「仙台藩」の誕生。

備考:仙台藩伊達家は60万石。後に62万石まで加増。
開墾政策を推し進め、のちに収穫高はその数倍に膨れ上がった。

1603年 徳川家康、「征夷大将軍」に就任。「江戸幕府」開設。

備考:「豊臣秀頼」は健在であり、西軍浪人も巷に溢れ返っており、
まだまだ世情は不安定なままの幕府開設となった。

1605年 「徳川家康」、「徳川秀忠」に将軍職を譲る。

備考:「豊臣氏」に天下は返さないというアピールです。
これ以降「豊臣氏」との関係は悪化の一途をたどることになります。

1613年 大久保長安事件

徳川家での親伊達派であった大久保長安・大久保忠隣の失脚。
「伊達政宗」後ろ盾を一つ失うことになる。

同年 支倉常長を代表とする使者をローマに派遣した(慶長遣欧使節)

備考:伊達政宗が慶長遣欧使節を派遣した、はっきりとした目的は伝えられていません。
ただ、「徳川」と「豊臣」の関係が一触即発となっている時期です。
「幕府」の認可を得たとはいえ一諸侯が外国と関係を持つ、
これが伊達政宗の最後の賭けであった可能性が高いです。

1614年 大阪冬の陣

備考:伊達政宗も参加。大和口方面軍の抑え役、目立つ戦闘や功績は上げていません。

1615年 大阪夏の陣

備考:片倉小十郎の息子重長が後藤又兵衛を討ち取る。
重長は真田信繁の娘を保護し、妻としている。
また、戦時中にいさかいのあった味方の「水野勝成隊」へ銃撃を行うという「味方撃ち」を行っている。
「伊達家の軍法に敵味方はいない」と主張し、
戦後不問となったが「水野勝成への報復」で行ったという見方が強い。

同年 片倉小十郎死去

備考:跡目は片倉重長が相続。

1616年 「徳川家康」死去

備考:「伊達政宗」謀反の噂がささやかれた。

1620年 「支倉常長」帰国

備考:交渉が不調に終わったのか、記録に残すことに不都合があったのが、
詳細な報告は残っていない。

1623年 「徳川秀忠」将軍職を「徳川家光」に譲る。

備考:家康の大御所政治に習って実権は「徳川秀忠」が握った。
「家光」は「政宗」に尊敬の念を抱いており、外様大名としては破格の待遇で接した。

1632年 「徳川秀忠」死去

1635年 「伊達政宗」死去

70才。仙台藩は嫡男・伊達忠宗へ遺領相続が許される。
辞世の句は、「曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く 」


■「伊達政宗」のアレコレ

●「独眼竜」は後世に付けられた異名だった!
明治34 年(1901 年)に発行された『独眼竜伊達政宗』が最初。
中国唐王朝の軍閥「李克用」の異名が由来。

●趣味は料理
凍り豆腐や納豆を開発したとされています。
また5歳のころから虎哉宗乙から学問を学んでいるため、教養の素養は非常に優れていた。

●ダースベイダーのモデル?
『スターウォーズ』に登場するダースベイダーの仮面は「伊達政宗」所有の兜がモデル。



*「独眼竜の野望」で伊達政宗の生涯がどこまで触れられるのかは見当もつきませんが、
 登場が予定されている、同年生まれの「真田幸村」の外見を見る限りでは、
大坂夏の陣までは触れられそうです。

ただ、その生涯を逐一取り上げても物語が長大になりすぎますし、
 オムニバス形式で取り上げたいというのが「時間移動」を題材としている理由のように思えます。




あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/03/20 04:39 ] 【復帰、新規者向け】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/314-ab2f9fb1







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。