ブログパーツ ばるさん 「攻撃力」ダメージキャップ説






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「攻撃力」ダメージキャップ説

*今回の話はコーエーの公式の見解ではありません。
あくまでも持論ですので、その点にはご注意してお読みください。



攻撃力を上げても最大ダメージが頭打ちになる謎。

矛僧兵の方であれば同じ実感を持っていただけると思うのですが、
槍でも棍棒でもダメージに大差がありません。
かねてより自分はこのことに疑問に感じていました。

そして、依頼されたこともあり、
攻撃力ごとの僧兵連撃と閻魔撃のダメージを調査してみました。

「僧兵連撃」ダメージ調査。

謎技能?「閻魔撃」ダメージ調査

2010y02m10d_024011984.jpg

どちらの技能も一定の攻撃力を超えると最大ダメージが頭打ちになっています。

「覚醒の刻」で「ダメージキャップ」は開放されました。
旧ダメージキャップを超えると半減した数値で加算されるようになりました。

そして、剣気や、上覧巻物(劇薬丹塗り)、激戦武勇や激戦知勇といった
通常ダメージに上乗せされる。追加ダメージが存在します。

この事により飛躍的にダメージのインフレは進みました。

しかし、ゲームバランスを考えると攻撃力を上げることで、
無尽蔵に最大ダメージが増えてしまうのはよろしくないですよね。

なにかしらダメージインフレを抑制する要素がありそうです。


攻撃力での「ダメージキャップ」はインフレ対策!

そこで自分は、
追加ダメージを加味した「ダメージキャップ」は開放するものの
技能ごとに攻撃力での「ダメージキャップ」を設定したのではないか

という考えに行き着きました。

この説であれば、槍装備で一定の攻撃力に達する僧兵であれば、
槍よりも大幅に攻撃力が上回る棍棒を装備しても最大ダメージに大差がないことに説明がつきます。

育成も進展すると個人個人での覚醒腕力での底上げもされていきますし、
拡張するたびに強力な武器や装備箇所が増えます。
今後、攻撃力はうなぎのぼりに上昇するわけです。
その対応策として、技能ごとに攻撃力でのダメージキャップを設定したのではないでしょうか。

矛僧兵のロマンを追い求める者としてはつらい現実ではありますが、
パワーインフレが巻き起こすゲームバランスの崩壊を防ぐ意味でも
こういった措置は必要なのかもしれません。



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/02/12 01:28 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/248-f6bfde1b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。