ブログパーツ ばるさん 「一門」クエストの問題点。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「一門」クエストの問題点。

►より顕著になってきた「一門」クエストの問題点

この所、「一門」クエストに関するブログ記事を
多数見るようになってきました。

導入されて落ち着きを見せるであろう時期なのにも関わらずです。

これには理由があると思います。
一門クエストには致命的な問題点があるからです。

①期間が一週間であるのに、要求される条件が膨大である。
②完全達成でないと報酬がもらえない。また、次のクエストに進むことが出来ない。
③最低結成数が10であるのに関わらず、少数では達成が困難な条件。

何故ここまでプレースタイルを拘束したり、
大人数が必要なクエストなのでしょうか?

今回は「一門」クエストの問題点に焦点を当てて記事を書いてみたいと思います。
あくまでも問題点に触れるだけで否定するわけではありません。
直、「一門」システムに関する記事ではありませんのでこの点もご了承ください。


►「一門」先行導入の意図

自分が見るところでは「一門」クエストは、
「独眼竜の野望」で一門単位で挑むので、
事前にその形式に慣れるための先行導入であり、
難易度調整のためのテストとして存在するのだと考えています。

現在発売されている『ファミ通コネクトオン』さんのインタビューで、
「独眼竜の野望」は「一門」単位で挑むとあるので
テストの要素が強いのは間違いないでしょう。

以上のことについては以前、別の記事で触れました。

何割の一門が達成できたか統計をとっていて、
その結果を「独眼竜の野望」の難易度調整に反映するということでしょう。

統計をとっているというのは根拠のない話ではなく、
以前プレイヤーズバイブルで、
全プレイヤーの九州三国志の達成率が公開されていたことから、
各ダンジョンのクリアー状況の達成率はデータとして統計されていることが推察できます。

実際の所、意図して難易度を高くしているわけです。
でなければテストの統計としては機能しないからです。


►「一門」クエストに、新章の「テスト」と「メリット」は内在するべきではない。

テストはテストでよいと思います。
しかし、現在一門を発展させる要素が「一門」クエストのみです。
内容は不透明ながら一門発展が新章で大きなメリットを得ることがわかっています。

飴を見せておいて難易度の高いテストに駆り出す。
この部分はよくありません。

この事によって多くのプレイヤーの間で必要のないトラブルが
実際に発生してきています。

これ以上の拘束は多くのプレイヤーは望んでいません。
新章のテストとメリットを同時に「一門」クエストに内在されることも
多くのプレイヤーは望んでいません。


自分は声を大にして言いたいです。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/18 02:25 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/01/19 10:41 ] [ 編集 ]

匿名希望様>

匿名希望様のご指摘される点で
確かに自分の記事で勘違いされかねない
表現があったり、
説明が不十分な点がありましたので
修正いたしました。

ご指摘感謝します。
ありがとうございます。
[ 2010/01/19 15:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/217-e442581c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。