ブログパーツ ばるさん コーエーの「新星の章」に対する本気度。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コーエーの「新星の章」に対する本気度。

「広告」「宣伝費」は製品にかけている本気度を計る指標!

製品に対する「広告」「宣伝費」というものは、
企業がその製品に対する「本気度」を計る指標の一つと言えます。

1月7日に発売されたファミ通(NO.1101)紙上で、
コーエーは2月、3月という決算時期にあわせて発売される製品の広告を出しています。
なんと10ページもあります。コーエーさんの力の入れ具合が窺い知れますよね。

内訳は以下になります。*掲載順に記載。

①北斗無双(PS3) 2ページ
②真三国無双マルチレイド2(PSP) 2ページ
③トリニティジルオールゼロ(PS3) 2ページ
④信長の野望・天道(PS3・Xbox 2ページ
⑤三国志DS2(DS) 1ページ
⑥信長の野望online新星の章(PS2・PC) 1ページ


掲載順がコーエーの期待度の高い順番だと思われます。
残念ながら信長の野望onlineは⑥番目です。

印象的なのは、タイトルのラインナップがPS3対応のソフトが多いことです。


コーエーのPS3へのシフト。

同号の伊集院光氏のコラムに
おそらく、プレイステーション3の場合も、
今回『FFⅩⅢ』をやり終えたつぎに何を買うかあたりに、
ひと勝負あるのではないかと思います。

*引用本文のまま

というすばらしい考察があるのですが、
コーエーの戦略もこの通りだとすると、
PS3対応ソフトを3月の決算に合わせる形で逐次投入しているのも、
『FFⅩⅢ』をやり終えた次のソフト争いの商戦向けだと考えると納得がいきます。


コーエーは「新星の章」に本気!

このような流れを考慮に入れると、
⑥番目にあるとはいえ新星の章にかける本気度は
それなりにあると考えてもいいと思います。

何故かと言えば、
PS3へシフトしつつあるコーエー戦略の流れの中でも、
対応機種がPS2とPCの新星の章を広告に入れているからです。


そして、PS3版の開発も始めたということも
(*今回の広告には明記されていない)
PS3シフトの流れから見ると自然な流れだということがわかりますね。

コーエーさんの本気度は伝わってきました。
3月を心待ちにしましょう!


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/01/07 06:02 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/201-6071f2da







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。