ブログパーツ ばるさん 「独眼竜の野望」で「マイナー型」に光あれ!






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「独眼竜の野望」で「マイナー型」に光あれ!

ファミ通コネクトオン紙上で公開された「独眼竜の野望」の仕様。

12月26日に発売されたファミ通コネクトオンにて、
「独眼竜の野望」は「一門(1徒党以上での戦闘)」で挑む形式になると書かれています。

12月23日の「一門の刻」に実装された「一門」で行うことが出来る
「一門クエスト」にも同様の内容が見られます。

12月24日に当ブログで公開した記事、
「一門クエスト」は「独眼竜の野望」への布石!
「一門クエスト」は「1徒党以上での戦闘」を行う「独眼竜の野望」の予行練習ではないか
と触れましたが、その通りだったようです。


「マイナー型」の現状。

現状の1徒党単位の戦闘は研究し尽くされています。
戦法にも専門職、専門特化による型がほぼ固定化されています。

本来、ゲームスタイルは多様であるべきです。
今存在する型からあぶれてしまう「矛刀鍛冶」など「マイナー型」を
究極まで追求するといったスタイルもあるべきです。
しかし、「マイナー型」は認知されがたい現状があります。

ただ、「1徒党以上での戦闘」ともなれば話は変わります。
マイナー型の多くは、少数狩りやソロプレイで専門職にはないカラーを出せます。

争覇以前では、少数狩りやソロプレイも狩りの選択肢の一つとしてありました。
経験や潜在、ドロップなどの報酬が徒党と大差がなかったからです。

争覇後は、徒党と少数狩り、ソロプレイでは明確な報酬の差が出るようになり、
システム的に封じられています。同時に「マイナー型」も隅に追いやられることになっています。

そういった現状から「独眼竜の野望」で「マイナー型」に光が当てられることに
自分は大きな期待をしています!


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/28 06:42 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/183-7a2d4c1a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。