ブログパーツ ばるさん PS3版、『信長の野望online』が売れる5つの理由!






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PS3版、『信長の野望online』が売れる5つの理由!

「新星の章」発表会で、
PS3版『信長の野望online』の「開発開始」が発表されました。

正直、売れるのかな?
心配される方が大多数ではあると思うのです。
しかし、自分は意外と売れるのではないかと考えています。

今回は、その理由について5つに分けて語ってみたいと思います。


PS3版、『信長の野望online』が売れる、5つの理由!

①母体がプレイステーション2版として開発されたゲームである。

・『信長の野望online』は
PlayStation BB対応ソフトとして『ファイナルファンタジーXI』と
同時期に発売されたゲームです。
操作性もプレイステーション2に適したものとなっています。
もちろん、その上位機種であるプレイステーション3とも
操作性は変わらずできるでしょう。

②プレイステーション2組からの乗換えが期待できる。

・現在、PlayStation BBのサービスはコーエーのみです。
いつまでサービスが続くのかわからないという不安があります。
・PlayStation BB Unitが入手しずらい状況になっています。
現行の薄型プレイステーション2ではプレーできません。
・プレイステーション3が薄型・値下げで、wiiを脅かす勢いで
急速に普及しつつあるという追い風もあります。

以上の理由からプレイステーション2組からの乗換えが期待できます。

(関連記事・PS2版,信長の野望onlineユーザーの憂鬱。

③複数アカウントのしやすいゲームである。

・他のゲームにない特徴として、クローズドバトルという点があります。
そのため複数アカウントでのプレーがしやすいといった長所(?)があります。

④「信長の野望」というネームのブランドがある。

・オフラインゲームの本家「信長の野望」のブランドイメージがあります。
近年は、妖怪と戦う和風ファンタジーの色合いが濃かったのですが、
最近は原点回帰を目指してより、「戦国時代」を再現しようとしています。
「新星の章」でも、「天下人システム」など、
よりオフラインの「信長の野望」に近づけようという、
追加コンテンツが見受けられます。

⑤コーエーは、PS3に対応したオンラインゲームを販売した実績がある。

・コーエーは、『大航海時代online』を2009年4月28日に発売した実績があります。
販売本数は半年で12352本(データ元・ファミ通.NO1095)
来年、2月18日には『真三国無双online』の発売も予定されています。
PS3版でのノウハウは確立されていると見てもいいです。


販売価格は?、売り上げはどうなのよ?

・『大航海時代online』、『真三国無双online』共に価格が6090円です。
このことから、『信長の野望online』も価格は6090円となりそうですね。
・販売本数は、すでに販売されている
『大航海時代online』から予測するしかないのですが、
大航海には新規、複数アカウントを獲得できるという強みがあります。
対して、信長の野望はプレイステーション2組からの乗り換え組が
主な購入層だと思われるので、販売本数では下回りそうです。
その点を考慮して半年で、
半数である6000本から、~9000本程度の売り上げになるのではないでしょうか。
オンラインゲームとしては十分な数字だと思います。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/14 01:57 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/161-8c79a55a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。