ブログパーツ ばるさん 「調整中」、それは魔法の言葉。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「調整中」、それは魔法の言葉。

調整中。
それは魔法の言葉。

GAME Watchさんの「新星の章」開発者インタビューの記事
要点だけまとめて記事にしたのですが、
その最中に何度もこの言葉を目にしました。

インタビュー記事を読んだ方はわかっていただけると思うのですが、
本文の記事を書いた記者さんは、
信長の野望オンラインはもちろん、他のオンラインゲームにも精通している方だと
文面を読むだけでも伝わってきます。

質問もプレイヤーの方が知りたい情報に関して的確です。
その場にいたわけではありませんが、開発者の方は
返答に困る場面が多々あったであろうことが察することが出来ます。

どうしてわかるのか?と言いますと、
質問に対して、煮え切らない表現であったりする返答では、
調整中と連呼しているからです。

調整中と言えばどうとでもとれますし、
後日、実装された時に差異があっても調整中だったと切り抜けることもできます。

全く便利な魔法の言葉です。

ここからは自分の推察に過ぎませんが、
調整中と連呼されている項目はほとんど出来ていないのでしょう。
今の段階は、「墨俣の一夜城」のように
いかにもそれらしい外見なのですが、
実際には空洞なのです。

どうしてそれでも発表会をせざるを得なかったのは、
理由としては2点挙げられます。

①現役のプレイヤーの関心をつないでおく為、休止者や、新規層にアピールするため。
②開発チームにプレッシャーをかける為。


逆説の「ここがヘンだよ。コーエーパッチ」
でも触れましたが、
風呂敷を広げすぎたために作業量が増え、計画が予定に追いついていないわけです。

自分はやはり、
ユーザーにゲームの一部の機能を委託する
時期に差し掛かっている
と思います。

「新星の章」の内容を見る限り、
遊びの場も、道具も従来通りのまま、コーエーが提供する形に変化はありません。

実装されて蓋を開けてみなければわかりませんが、
掲げた目標と大きく異なる内容だった。といったことがあれば、
ユーザーの心は離れていってしまいます。

自分の懸念が杞憂のままであれば良いのですが・・・。



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/12 01:53 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/160-6bf3cfc2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。