ブログパーツ ばるさん とある社長と秘書の怠惰な日々。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とある社長と秘書の怠惰な日々。

サクラ缶詰さん発の社長ブームに便乗してみました。
今はすごく後悔している。


12月のある日。


社長「おい よろこべ」

秘書「またですか」
社長がこのように私を呼びかける場合、大抵ガッカリすることが多いのです。
しかし、秘書としては適当に合わせて聞いてあげないといけないのだ。
社長秘書とは演技力も求められる職業なのでございます。

社長「年末進行でお前も大変だろ?そこで助っ人を頼んできたんだ」

秘書「おお マジすか!?」

社長「マジマジ。さあ、来たまえ」

??「ハイ」

社長が連れ出してきたソレはえらく角ばっている。

秘書「なんじゃこりゃ!」

社長「ふふふ、すごいだろ? 秘書ロボだ!(´・ω・`) 
知人が研究者なんだ。そこから試作機をレンタルしてきた」

秘書ロボ「キー、カタカタカタ。ヨロシク、オネガイシマスkao07

いつの間に22世紀になっていたのだろうか。
ネコ型ロボットも真っ青なロボットが目の前にいた。
ポケモンに夢中になっている間に100年ほど経過してしまっていたらしい。



社長「おい、秘書・・」

秘書「はい、なんですか?」

社長「ちがうお前じゃない。秘書ロボ。コーヒー煎れてくれ」

秘書ロボ「リョウカイ☆ ガンバルン普通顔

くやしいことに私はコーヒーを煎れることが苦手なのだ。
秘書ロボの野郎、気が利いてなんでもテキパキこなしやがる。
顔も社長が好きな何たらってアニメのヒロインに似ている。

1週間も経つと社長の認識では秘書<秘書ロボという格付けになっていた。
私はカヤの外だった。暇つぶしに育てたランターンは20匹を超えていた。
雨パでも作るか。

こんなクソ会社辞めてやる!

グッバイ会社。

そんな内容の辞表を書いている時だった。
社長が不意に現れた。私は慌てて辞表をデスクの中に押し込んだ。

社長「秘書ロボは、研究所に返した」

秘書「どうして?あんなに可愛がっていたのに」
社長が二次元以外であれほど可愛がっている姿を私は見たことはなかったのだ。

社長「その・・。ナンダ。テプラで『○○(社長名)式初号機』作ってくれって
秘書ロボに頼んだのだが、難解なのかできなかったんだ」

秘書「ふむ」

社長「テプラでシール作ってくれるか?」

私は知っている。秘書ロボがテプラくらいできることを、
不器用な社長なりに私を気づかってくれたのだ。






----------------------切り取り-----------------------


サクラ缶詰さんの人気記事が好きで(主に社長)
設定をそのままにアレンジして書いてみました。

社長がかわいいですね!萌えました。

過去ログあさって研究しましたが、
大部分は自分の創作です。社長さんは実像とは違うかもしれません。

双葉さん、ごめんなさい。
体調悪いらしいので、これで元気でるかもしれません。

うーんこれ面白いかなぁ・・・。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

No title

社長ネタキタ━(゚∀゚)━!!

社長の人気に嫉妬。

秘書は精神的な支えでもありますからね
ロボットじゃ無理でしょう
とマジレス。
[ 2009/12/04 15:23 ] [ 編集 ]

Re: No title

> 社長ネタキタ━(゚∀゚)━!!
>
> 社長の人気に嫉妬。
>
> 秘書は精神的な支えでもありますからね
> ロボットじゃ無理でしょう
> とマジレス。

僕が社長の支えになります(え



せっかく、アンソロジーにするのなら
社長と秘書シリーズに
ファンタジー要素を取り入れたら面白いんじゃないかと
やってみました。

後悔しかない!



[ 2009/12/04 18:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/146-2b7e167d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。