ブログパーツ ばるさん 【鳳凰の章・第一陣】 「能楽之美」通知表






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【鳳凰の章・第一陣】 「能楽之美」通知表

■基本データ


 ●タイプ:詠唱

 ●成長タイプ:早熟

 ●重要ステータス:生命力・知力

 ●ステータス成長率:
 ●装備:生命・知力。評定用に腕力。


技能覚醒項目生命気合腕力耐久器用知力魅力属性
初期覚醒項目800(+200)
200
204040
隠し覚醒項目500
700
70(+20)80(+20)
1300(+200)90020110(+20)120(+20)


---能力の有無コメント
詠唱付与○(単体)幽玄の調、幽玄の調と単体ながら
「詠唱付与・四」相当の技能を所持

付与△(単体)メッキで使用できるのは、「千客万来(共通)」くらい
「糸立の謡」での付与固定は、
後からの呪詛もレベル2となってしまうのがネック。
耐性低下対策○(単体)単体ながら「浄化」持ち。
気合管理大団円・弐、意気衝天・四、与生気持ち。
ただし、釣り野伏のような戦闘開始時より発動する
自動発動技能はない。
解呪単体ながら「祓いの調」を所持。
不変△(条件付)地勢「不動の謡」で代用できるが、
神職の不変ほどの効果はない。
痺れ○(指定3体)特化技能「不協和音」で指定3体に痺れ。
準備動作阻止への期待値は低め。
看破共通技能「全体看破・弐」
地勢特化
四象共通技能「四空の舞」
共演共通技能「挟殺二ツ切」
攻撃能力共通技能「双光刃」、「剣気猛迫」

2012y05m03d_195857218.gif

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 「第一陣」での変更点


 【婆娑羅之書・八】 剣気猛迫:剣気隆盛+命中術極意の効果を同時に得る。
 【婆娑羅之書・八】 絶縁の舞:味方全体に四象、地勢の効果を受けない状態を付ける
 【婆娑羅之書・八】 絶縁の睨み:敵全体に四象、地勢の効果を受けない状態を付ける

 【能楽之美・四】 九死一生の謡:効果時間の短縮(120秒>30秒 *長鳴除く)
 【能楽之美・七】 蝮避けの謡:場に生命力継続低下状態を無効化する地勢を張る
 【能楽之美・七】 奏楽術:長鳴+存命術応用
 【能楽之美・七】 不協和音:指定敵3体を一定確率で行動不能にする(知力依存)
 【能楽之美・七】 万死一生の謡:奥義。場に戦闘不能状態にならなくする地勢を張る。
 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「技能覚醒育成」指導方針

技能名オススメ度覚醒項目備考
向風の謡・参効果時間20 ウェイト2 消費気合10 知力10無覚醒:効果時間120秒+60秒(長鳴)。
フル覚醒:180秒+60秒(長鳴)。
追風の謡・参効果時間20 ウェイト2 消費気合10 魅力10乱射徒党の軸となる技能。
ウェイトを減らしておきたい。
奏楽術生命力20 知力10ステータス確保用。
堅陣の謡・参効果時間20 ウェイト2 消費気合10 知力10向風と同じく効果時間が120秒と短めなので
効果時間を
不協和音ウェイト4 消費気合20  知力10無覚醒状態でウェイトが8。覚醒で4まで落とせる。
幽曲の調生命力20 魅力10
ステータス確保用

*他候補:吉祥の謡・弐(ウェイト)、験気の謡(ウェイト)、浄化(知力・魅力)

2012y05m03d_200358156.gif

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■項目別評価

評価項目評価(10段階)コメント
対NPCボス
8,5「九死に一生の謡」の効果時間減により、開幕序盤の絶対的な安定感は薄れた感はある。

「向風の謡・参」「験気の謡」といった優秀な地勢効果は健在。
地勢看破を誘発させるものの、付与術における看破のようなデメリットは薄い。
「浄化」「払いの調べ」「全体看破・弐」といったサポート技能も一通り完備。
二者詠唱付与を得た神職と比較しても十二分に枠を争えるだけの素地は備わっている。
ザコ狩り
通常6
乱射10
「乱射徒党」で需要があるものの、
「通常形式」の狩りでは、攻撃技能が以前として双光刃のまま。
攻撃能力のある詠唱役と比較するとアピール力は低い。

ただし、週刊かわら版特務のようにボス戦でも育成できる手段が増えてきているので
そこまで育成で不利ということもない。
上覧「地勢」と対人戦の相性が悪い。
敵味方に効果を及ぼしてしまうため相手にも利用されてしまう上に、
沈黙状況下でも「地勢看破」は使用できてしまうため敵からの解除対策もできない。

絶縁の舞、睨みといった前者の問題の解決策となりうる
地勢の効果範囲を操作できる技能が追加されたものの、効果時間は120秒程度と短めで
まだまだこの分野は苦手といえそう。
拠点戦
ソロ・少数狩り
九死に一生の謡の効果が30+60秒となり、乱戦の旗はやりにくくなった。

評定軍事程度のソロであれば双光刃で十分。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 総評 

 
 場に張ることで敵味方に影響を与える「地勢」の扱いに長けた詠唱役。

 「鳳凰の章」での大きな変更点としてあげられるのは4つ。。
 ① 九死に一生の謡の弱体(効果時間減少)
 ② 地勢・四象の効果を敵味方で分けて解除する技能の登場:絶縁の舞、絶縁の睨み、(*綺羅演舞に飛槍絶無)
 ③ ステータス依存の技能の追加:不協和音
 ④ 神職に二者詠唱付与の追加
 
 ①は、極楽浄土戦法の核、ボス戦序盤での絶対敵な安定をもたらしていた「九死に一生の謡」が弱体、
 効果時間が大幅に減少させられている。近年の調整方は、環境そのものを変化させることで技能の弱体を図ってきた
 ことが多いが直接弱体せざるを得なかったのはそれだけ絶大な効果を持つ技能という証明といえそう。
 ②は、敵味方に影響を及ぼすことで扱いにくい部分のあった四象、地勢効果を任意に切り替える稲生が
 追加されている。ただし、効果時間は約2分程度と詠唱サポートと並行して行うには短めで
 まだまだ改善の余地がありそう。
 ③は、能楽は地勢の効果が固定されているためステータスをあげる意味合いの薄かっただけに
 待望の技能となっている。今後もステータス依存の技能は追加されていくかもしれない。
 ④は、能楽自身に直接的な影響はないものの、枠を争う神職に二者詠唱付与が追加されている。
 傾奇者2特化に詠唱能力を与えてしまったことで詠唱枠のバランスを著しく崩してしまった経緯があるだけに
 傾奇者と神職の明確な差別化として導入されたのだと思われる。

 ①~④を見るに、鳳凰の章「第一陣」での能楽の調整は強化は控えめとし、他の詠唱役を引き上げることで
 バランスをとろうとし優秀さは光りますし、ほぼ一通りの技能を所持しているだけに、
 詠唱枠争いでも十二分に争えるだけの素地は備わっています。




あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト

間違い探しを指摘するようで恐縮ですが、払いの調ではなく、祓いの調です。
あと単体という表記だと語弊があります。ノーマルの全体解呪と同じです。
[ 2012/05/03 23:54 ] [ 編集 ]

タイトル大丈夫ですか
[ 2012/05/04 20:07 ] [ 編集 ]

これもネタ記事なので優しくスルーしてあげましょう^-^
[ 2012/05/05 14:41 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 間違い探しを指摘するようで恐縮ですが、払いの調ではなく、祓いの調です。
> あと単体という表記だと語弊があります。ノーマルの全体解呪と同じです。

ご指摘感謝ー。ありがとうございますっ
[ 2012/05/06 17:10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> タイトル大丈夫ですか

ああー。やってもうた。
今、日々に疲れてまともにブログ書けないっす。
[ 2012/05/06 17:11 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> これもネタ記事なので優しくスルーしてあげましょう^-^

うちのブログの大半は主観で書いてあるので信憑性はほぼないです。
おっしゃるとおり、ネタ記事で間違いないです。
[ 2012/05/06 17:13 ] [ 編集 ]

アリガタヤ。
遅ればせですが、能楽通知表感謝でする(’’+
私自身は、九死より験気こそがボス戦の核だと思っていたので、今回の九死弱体はそんなに気になりませんでした。
他の詠唱職との差は縮まりましたが、相変わらず安定したボス向き特化という気がしております。

向風については最近はやりの凶変6雷で使える場面が増えてきましたが、乱射に関しては人と環境を選ぶかも・・・?
個人的には、ボス戦でお世話になる蓬莱の謡の裏覚醒が生命なので、これも優先して覚醒おススメな感じであります。
験気の隠し覚醒も生命なので、ボス戦で生命を上げるにはいいかもしれませんね(’’
[ 2012/05/07 03:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> アリガタヤ。
> 遅ればせですが、能楽通知表感謝でする(’’+
> 私自身は、九死より験気こそがボス戦の核だと思っていたので、今回の九死弱体はそんなに気になりませんでした。
> 他の詠唱職との差は縮まりましたが、相変わらず安定したボス向き特化という気がしております。
>
> 向風については最近はやりの凶変6雷で使える場面が増えてきましたが、乱射に関しては人と環境を選ぶかも・・・?
> 個人的には、ボス戦でお世話になる蓬莱の謡の裏覚醒が生命なので、これも優先して覚醒おススメな感じであります。
> 験気の隠し覚醒も生命なので、ボス戦で生命を上げるにはいいかもしれませんね(’’

覚醒の優先順位としましては、長所をさらに伸ばすよりも、弱点の補強をテーマとして
効果時間の低い地勢やウェイト項目が重いのを中心にあげておきました。
ここら辺は個人個人の考えが出るので難しいところですよね。

奥義は使い勝手のある技能がそろっているので
ひとつに絞り込めませんでした><
[ 2012/05/09 16:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/1226-997f06b7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。