ブログパーツ ばるさん 鳳凰の章 新技能 回復職編






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鳳凰の章 新技能 回復職編

● 僧兵 特化人口19位 極楽浄土卒業の刻。サブ回復として一本立ちできるか!?

【護法・伍】 極楽浄土 極楽浄土がかかったプレイヤーキャラクターに対して、全ての標的固定が解除されるようになる。
【上人之書・八】 合掌法輪・弐:生命減少状態を解除すると同時に生命力を回復する。
【上人之書・八】 六根清浄:回復量低下、行動時ダメージ状態を解除する。
【上人之書・八】 不動慈救・弐:自身の生命を味方に分け与える。
【僧兵之武・弐】 極楽浄土・改 極楽浄土がかかったプレイヤーキャラクターに対して、全ての標的固定が解除されるようになる。
【僧兵之武・四】 羅刹浄天 回復ターゲットを“生命の少ない順に味方3体”から“任意の味方3体”に変更
【僧兵之武・八】 修羅法力 物理攻撃時に物理と妖術の耐性を15%づつ下げる効果を付加。
【僧兵之武・八】 金剛智拳印 金剛力と智拳印の効果を同時に得る。
【僧兵之武・八】 自在構え 槍術極意と命中術極意の効果を同時に得る
【僧兵之武・八】 全霊羅刹浄天 任意の味方3体の生命力を、与ダメージ蓄積値と同量回復。

*争覇の章後期~新星の章までの極楽浄土+標的固定による定番戦法、
通称「極楽浄土」戦法にメスが入っている。

極楽浄土・改を生命線としている僧兵にとっては新たな戦闘スタイルの模索を余儀なくされている。
候補となるのは金剛力からの蓄積を活用したサブ回復での一本立ち。
金剛力と智拳印の効果を同時に得られる金剛智拳印。任意ターゲット制に改められた羅刹浄天。念願の耐性低下能力も得た。
鳳凰の章新技能は、未知数ながらも可能性を見出せそうな技能の顔ぶれとなっている。


● 仏門 特化人口8位 極楽浄土の弱体で実質的NO1の結界の使い手に。

【護法・伍】 極楽浄土 極楽浄土がかかったプレイヤーキャラクターに対して、全ての標的固定が解除されるようになる。
【上人之書・八】 合掌法輪・弐:生命減少状態を解除すると同時に生命力を回復する。
【上人之書・八】 六根清浄:回復量低下、行動時ダメージ状態を解除する。
【上人之書・八】 不動慈救・弐:自身の生命を味方に分け与える。
【仏門・七】 冥利弐:戦闘後徒党員の生命力を回復
【仏門・七】 千手加護:自身に智拳印の効果をつけ結界を貼る
【仏門・七】 倶会一処:自動発動。自身に致死ダメージを一度だけ防ぐ結界を張る。
【仏門・七】 大日如来顕現:奥義。強力な結界を付けて蘇生する。

*結界の使い手としての強化が軸となっている模様。
倶会一処は、自身への致死ダメージを1度だけ防ぐ結界を張るという、
ポケモンでいうところの特性がんじょう。きあいのハチマキに相当する技能。
NPCインフレの加速が予測されるだけに心強い技能となりそうだ。



● 密教 特化人口23位 耐性能力と蘇生不可技能の獲得で「鳳凰の章」のダークホース候補に!

【護法・伍】 極楽浄土 極楽浄土がかかったプレイヤーキャラクターに対する、全ての標的固定が解除される
【上人之書・八】 合掌法輪・弐:生命減少状態を解除すると同時に生命力を回復する。
【上人之書・八】 六根清浄:回復量低下、行動時ダメージ状態を解除する。
【上人之書・八】 不動慈救・弐:自身の生命を味方に分け与える。
【密教秘呪・七】 黒縄地獄:死亡して戦闘不能になっている敵1体を蘇生不可状態にする。
【密教秘呪・七】 軍荼利三鈷印:対象の攻撃術耐性を上げ、自身に強力な回復量上昇効果をつける。
【密教秘呪・七】 ???:妖術攻撃時に物理と妖術の耐性を15%づつ下げる効果を付加。
【密教秘呪・七】 廻向来迎印:奥義。単体にダメージを与えると共に味方全体を回復する。

*永続周天法や星辰法を所持するアンチ妖術軽減NPCや、耐性低下能力をえた忍秘術の台頭もあり
特化人口も23位と低人口に落ち着いている。

そういった背景からか、思い切った強化が実施される模様。
黒縄地獄は死亡して戦闘不能になっている敵1体を蘇生不可状態にする効果。
従来の蘇生不可技能は止めを刺す必要があり使い勝手の悪いところがあっただけに重宝されそうだ。
軍荼利三鈷印は、妖術耐性上昇効果と回復量上昇効果を同時に得られる。
その上、物理と妖術耐性低下効果まで得ることになる。第一陣で注目される特化のひとつとなりそうだ。



● 医術 特化人口5位 さらなる回復能力の向上。人気職の地位は堅持か。

【良薬之書・八】 六根清浄:六根清浄:回復量低下、行動時ダメージ状態を解除する。
【良薬之書・八】 硝薬散布:敵三体に対する物理攻撃に追加ダメージを与える技能。
【良薬之書・八】 活現治療弐:回復+活身
【高等医術・七】 二者快癒法:任意の味方二者に快癒法の効果を与える。
【高等医術・七】 強壮治癒:生命力の最大値を超えて回復する単体回復技能。*最大生命の2倍が上限。
【高等医術・七】 高等蘇生法:生命力が約8割回復した状態で蘇生する。
【高等医術・七】 生命の湧水:奥義。対象の生命を最大値を超えて回復、効果・絶大。

*注目技能は、強壮治癒。生命力の最大値を超えて回復するという今までにない効果。
回復量の保険はインフレ時代に心強いものとなりそう。
他には、快癒法、蘇生の上位技能とさらなる回復力の向上が見られる。
人気回復職の座は当面は堅持しそうな充実振りである。



● 神通 20位 継続回復能力に磨きがかかる。

【良薬之書・八】 六根清浄:回復量低下、行動時ダメージ状態を解除する。
【良薬之書・八】 硝薬散布:敵三体に対する物理攻撃に追加ダメージを与える技能。
【良薬之書・八】 活現治療弐:回復+活身
【神通霊力・七】 神霊活命法:単体を強力な継続回復状態にする。
【神通霊力・七】 神通蘇生法:生命力継続回復状態で蘇生する。

*情報は少ないものの、生命継続回復効果(活身)に関する技能が確認されている。
僧侶の共通に合掌法輪・弐、能楽の特化技能に継続ダメージを停止する技能が追加される。
専用の対抗手段が用意されるだけに「鳳凰の章」での生命継続ダメージ技能は脅威となると予測される。
生命継続回復能力に長けた神通霊力の価値は高まる予感!



● 修験 特化人口24位 人口を考えると最大の強化がされてもおかしくないが……。

【良薬之書・八】 六根清浄:回復量低下、行動時ダメージ状態を解除する。
【良薬之書・八】 硝薬散布:敵三体に対する物理攻撃に追加ダメージを与える技能。
【良薬之書・八】 活現治療弐:回復+活身
【修験法力・七】 般若験力弐:攻撃と防御を一定割合で低下させる呪詛を与える。
【修験法力・七】 山神の祟り 闘魂術と存命術の効果を引き下げる
【修験法力・七】 蘇生護摩:耐性上昇効果付の蘇生
【修験法力・七】 蔵王護摩法:奥義。敵全体に強力なレベル2の四属性呪詛を与える

*なかなか波に乗れない呪詛の使い手。
山神の祟りという闘魂術と存命術の効果を引き下げる技能が追加される。
闘魂持ちNPCは割合多いので使用する機会は思いのほかありそうだ。
他の特化の新技能の効果が目立つだけに今の人口比のままで推移する可能性が高い。


あなたの愛がこのブログを育てます。
面白かったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/04 10:33 ] 【復帰、新規者向け】 | TB(0) | CM(9)

仏門に知拳印って、開発分かって入れてるのですかね。
慈愛の心3と知拳印3は効果がほぼ同じで重複しないから全く意味がないんですけど。
それとも重複するように修正するのかな。
[ 2012/03/04 12:35 ] [ 編集 ]

>*注目技能は、強壮治癒。生命力の最大値を超えて回復するという今までにない効果。
>回復量の保険はインフレ時代に心強いものとなりそう。
>他には、快癒法、蘇生の上位技能とさらなる回復力の向上が見られる。
>人気回復職の座は当面は堅持しそうな充実振りである。

やたらと強壮治療が騒がれていますが、この技能の回復量は1200ぐらいです。
3000ダメ食らって1200の回復じゃあジリ貧になるだけです。
おそらく開幕に盾にかけるぐらいしか使い道はないと思いますよ。
設定上は2倍までいけるそうですが、残り1~2体になって遊びでやればそれぐらいに
なるかもしれません。しかし、通常はありえないかと。
それとやたらと六根清浄と言う技能が入れられているところを見ると回復量を下降させる
技能を頻繁にNが使ってくることも考えられます。
そうなると回復量頼みの医術では苦しくなる可能性もあります。
行動回復の出来る神通、耐性上昇できる修験のほうがいいという場面も出てくるんじゃないかと。
神通のネガはすさまじいですが。
[ 2012/03/04 13:24 ] [ 編集 ]

とさん
強壮治療ですが、二者詠唱と僧兵密教の強化によって回復2体制も増えると思われるので、使う暇が全くないという状況にはならないと思いますよ。
[ 2012/03/04 22:45 ] [ 編集 ]

私もまったく使う暇がないとまでは言いません。
ただ、単体で1200と言えば全体治療4並の回復量しかありません。
Nのダメインフレ考えればいくら回復2でもこれでは最大生命超えて回復できるまで
追いつくのは難しいんじゃないかと思うだけです。
こんな技能使うぐらいなら私なら二者快癒法使いますね。
強壮治療が目新しいことは事実ですが、使ってみればきわめて微妙な技能だと思いますよ。
[ 2012/03/05 07:19 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 仏門に知拳印って、開発分かって入れてるのですかね。
> 慈愛の心3と知拳印3は効果がほぼ同じで重複しないから全く意味がないんですけど。
> それとも重複するように修正するのかな。

実装されてみないと効果がわかってないのであれですが、
智拳印四に相当するのか、仕様変更されるのか……。
[ 2012/03/05 18:55 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> >*注目技能は、強壮治癒。生命力の最大値を超えて回復するという今までにない効果。
> >回復量の保険はインフレ時代に心強いものとなりそう。
> >他には、快癒法、蘇生の上位技能とさらなる回復力の向上が見られる。
> >人気回復職の座は当面は堅持しそうな充実振りである。
>
> やたらと強壮治療が騒がれていますが、この技能の回復量は1200ぐらいです。
> 3000ダメ食らって1200の回復じゃあジリ貧になるだけです。
> おそらく開幕に盾にかけるぐらいしか使い道はないと思いますよ。
> 設定上は2倍までいけるそうですが、残り1~2体になって遊びでやればそれぐらいに
> なるかもしれません。しかし、通常はありえないかと。
> それとやたらと六根清浄と言う技能が入れられているところを見ると回復量を下降させる
> 技能を頻繁にNが使ってくることも考えられます。
> そうなると回復量頼みの医術では苦しくなる可能性もあります。
> 行動回復の出来る神通、耐性上昇できる修験のほうがいいという場面も出てくるんじゃないかと。
> 神通のネガはすさまじいですが。

本鯖での回復量は見てみないとわかりませんが、
限界を超えて回復というのはNPCもやってくるのかもですね。

神通は文字では伝わりにくいとは思うのですが、
かなりいい調整のような気がします。
[ 2012/03/05 18:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> とさん
> 強壮治療ですが、二者詠唱と僧兵密教の強化によって回復2体制も増えると思われるので、使う暇が全くないという状況にはならないと思いますよ。

回復2構成増えれば使えるのやもですのう。
蓋を開けてみないとわからんっすのう
[ 2012/03/05 19:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 私もまったく使う暇がないとまでは言いません。
> ただ、単体で1200と言えば全体治療4並の回復量しかありません。
> Nのダメインフレ考えればいくら回復2でもこれでは最大生命超えて回復できるまで
> 追いつくのは難しいんじゃないかと思うだけです。
> こんな技能使うぐらいなら私なら二者快癒法使いますね。
> 強壮治療が目新しいことは事実ですが、使ってみればきわめて微妙な技能だと思いますよ。

目新しい効果なので注目っていうことでたのんます。
実際の効果や、構成で事情も変わってくるでしょうし。
[ 2012/03/05 19:02 ] [ 編集 ]

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[ 2012/03/10 11:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/1181-335566a8







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。