ブログパーツ ばるさん 刀鍛冶の歴史 争覇>新星






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

刀鍛冶の歴史 争覇>新星

Ifi_22.png 争覇の章:
 
 覚醒の刻以前:「ダメージキャップ」導入で慢性的な火力不足を招く。怒りの拳からの開放が注目される。
 覚醒の刻以降:「ダメージキャップ」撤廃。盾職には、確かな耐える能力。標的固定能力が求められるように。


  元々は近接攻撃能力と盾能力を兼備するというなんともコンセプトの定まらない特化だった。
争覇の章で追加された特化5では、怒りの拳からの、被ダメ蓄積>開放を中心としたスタイルへ変更された。
ダメージキャップの導入された争覇の章前期では、アタッカーのみでは火力不足に陥ることも多々あり、
足りない火力を補う目的に刀鍛冶需要があった。

 しかし覚醒の刻以降は、ダメージキャップの撤廃と、覚醒システムの導入によりアタッカーの火力は増大し、
盾職には、耐える能力と、標的固定能力を求められるようになる。
その条件を唯一単体で満たしうる鎧鍛治一強時代が到来した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

Ifi_22.png   「新星の章」第一陣 2010.3.24 蓄積を利用して瞬間的に高防御状態を可能とする「憤怒威圧」が追加される。

 ●変更
 【武器之取扱・弐】 怒りの拳 防御上昇量増加。蓄積値の上限拡張 NPC 10000>12000 対人 2500>3000
 
 ●追加
 【武器之取扱・六】 烈空撃 蓄積値を最大3000消費し、敵単体に間接攻撃を行う。怒り状態は解除されない。
 【武器之取扱・六】 憤怒威圧 蓄積値を3000消費し、敵全体の注意を引き防御力上昇。
 【武器之取扱・六】 *抜山蓋世 敵全体の注意を引き付け、怒り蓄積値を大幅に上昇。

 【名匠之書・七】 追込心得 生命力が半分以下の敵を攻撃した際に300程度ダメージを追加。
 【名匠之書・七】 岩砕き 敵単体に強力な近接攻撃を行う。ウェイトは武器に左右されない。
 【名匠之書・七】 気迫忍耐 標的固定状態に単体術ダメージ軽減の効果をつける。



 「新星の章」では、「憤怒威圧」の追加で、従来攻撃面でしか利用できなかった蓄積値を防御面にも活用できるようになっている。
蓄積値の上限を12,000まで引き上げたのは「憤怒威圧(消費3000)」4回分という計算なのかもしれない。
瞬間的に高防御状態にできる。看破などへの耐性を高める能力に特化した盾職という特色が生まれている。



Ifi_22.png 「サーバーアップデート」 2010.5.26
 ●不具合
 術結界かつ標的固定状態の敵に気迫忍耐を使った場合、術結界が解除される場合があった



Ifi_22.png   「東西大合戦アップデート」 2010.06.09 

 ●変更
 なし



 「東西大合戦アップデート」では、合戦武将の大幅な強化。
忍秘術や、密教秘呪の主要技能の割合気合消費制が、固定気合消費制へ変更。高位召喚術の式神の強化がされている。 


Ifi_22.png   「9月アップデート」 2010.09.29  

 ●不具合
 【名匠之書・七】 気迫忍耐 沈黙状態では使用不可能になっていた

 ●変更
 【武器之取扱・伍】 不倶戴天 充填時間90分→60分、待機時間10分→5分、怒り蓄積値+2000→+3000に変更


 波紋乱射の弱体と、物理と妖術アタッカーによる新耐性低下仕様が導入されている。
 刀鍛治は、奥義「不倶戴天」の強化がされている。
蓄積値の追加と、防御力を上昇し、3分ちょい(功技+40秒+宝玉で延長可能)の間レベル2付与状態とする効果。
第一陣に引き続き、高防御状態を軸とした技能の強化がされている。


Ifi_22.png   「10月アップデート」 2010.10.27 「憤怒の心」の仕様変更で攻守両面の強化された。

 ●変更
 【武器之取扱・弐】 怒りの拳 防御上昇量増加。蓄積値の上限拡張 NPC 12000>14000 対人 3000>3500
 【武器之取扱・伍】 憤怒の心 戦闘開始時、怒り蓄積値が一定値貯まった状態をつける効果に変更。NPC 3000 対人 750 


 盾職の底上げと、僧兵や神典といったサブ矛職に制約付の強化が実施されている。
刀鍛冶は、怒りの上限の拡張と、憤怒の心の仕様変更で、開幕から怒りの蓄積値が3000加算された状態で戦闘を開始できるようになっている。
 「憤怒威圧」を初手から使用可能と、序盤から高防御状態を可能とするだけでなく、狩りでの攻撃手段にもできるおもしろい調整がされている。 


Ifi_22.png   「2月アップデート」 2011.02.16 
 ●変更
 なし 

*治癒蓮華の強化と救護能力の平均化を目的とした回復職のバランス調整、
周天法対策の技能が密教秘呪と忍秘術に追加されている。
NPCのインフレに対応した一連のアップデートは終了している。


Ifi_22.png   「新星の章」 第四陣 2011.08.03 さらなる蓄積システムの拡充がされている。

 ●不具合修正
 【武器之取扱・六】 憤怒威圧 対人戦において蓄積値を消費していなかった。 

 ●
変更
 【武器之取扱・弐】 怒りの拳 蓄積値の上限拡張 NPC 14000>20000 対人 3500>5000
 【武器之取扱・伍】 不倶戴天 待機時間5分→3分/怒り蓄積値+3000→+6000に変更
 【名匠之書・七】 気迫忍耐 標的固定時間の延長効果(一回につき+40秒)を追加。


 第四陣でも、蓄積値の上限の拡張と、不倶戴天の強化がされている。
憤怒威圧の連続使用なり、開放ダメージの増強など、蓄積周りの円滑化を目的とした調整と見られる。

・・・・・・・・・・・・・・

《新星の章での変更点》

*怒りの拳 蓄積値の拡張。

2010.03.24 NPC:10000→12000、対人:2500→3000
2010.10.27 NPC:12000→14000、対人:3000→3500
2011.08.03 NPC:14000→20000、対人:3500→5000

*高防御を維持する能力の向上。

憤怒威圧の追加、不倶戴天の強化

*蓄積値を貯める手段が増えた。

憤怒の心の仕様変更。抜山蓋世の追加。不倶戴天の強化。

*開幕から蓄積値を使用できるようになった。

憤怒の心の仕様変更。

・・・・・・・・・・・・・・・・

*コンセプトの変更

争覇の章:蓄積の開放を軸とした攻撃的な盾鍛冶 
新星の章:上記のスタイルに、蓄積を消費して、高防御を維持する特性を追加。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「争覇の章」鎧鍛治一強時代の反省からか、刀鍛冶や武士道には思い切った強化がされている。
 特に刀鍛冶は従来の怒り蓄積値の開放だけでなく、蓄積値を消費して高防御状態を維持する技能「憤怒威圧」が加えられている。
インフレの加速する現環境と、高防御を維持する能力の相性は良好。他の盾職にはない破刃や、滅魂撃といった攻撃手段もある。
 標的固定能力や、術耐性についてはもろくなる瞬間もあるが、NPC戦での盾2での運用を想定してあえてゆるくしてあるのだと思われる。
標的固定の分散が重要となる対人戦が苦手なのは特化の特徴故に克服は困難やもしれない。

2012y01m20d_044521546.gif 
 元々の特徴である蓄積の開放能力UPだけでなく、
高防御力を瞬間的に上昇し、維持する能力が大幅に向上しているのが新星強化の特徴。
標的固定能力は他の盾との兼ね合いかやや抑え目。

あなたの愛がこのブログを育てます。
面白かったら1クリックお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/1144-14a68e92







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。