ブログパーツ ばるさん 「豊臣秀吉」の生涯を振り返る!(Ⅱ期ー②)






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「豊臣秀吉」の生涯を振り返る!(Ⅱ期ー②)

 【Ⅱ期ー②】 織田家急速な拡大に“ひずみ”が生じる。

1575年(38歳) 長篠の戦い(vs武田家)
1575年(38歳) 黒田(小寺)官兵衛との接近
1577年(40歳) 信貴山城の戦い(vs松永弾正)、手取川の戦い(vs上杉家)
1578年(41歳) 上杉謙信急死
1578年(41歳) 三木合戦(vs別所長治。兵糧攻め)開始
1578年(44歳) 荒木村重謀反 説得に赴いた黒田官兵衛を幽閉する。
1579年(45歳) 竹中半兵衛病死
1579年(45歳) 備前・美作を領有する宇喜多直家が織田家に降伏する。
1579年(45歳) 荒木村重逃亡。有岡城の戦い終結。
1579年(45歳) 織田信長、武田家と謀反の噂のあった松平信康に切腹を命じる。
1580年(45歳) 別所長治切腹。三木合戦終結。
1580年(46歳) 石山合戦(vs本願寺)終結。佐久間信盛、林秀貞追放される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▸ 黒田官兵衛との出会い。

黒田官兵衛は、播磨の一領主、小寺政職の家老職を務めている武将でした。
播磨国が、織田家と毛利家の勢力圏に挟まれると、
主君小寺家を含む、播磨の有力な領主を説得しまとめ上げ、織田家に仕えさせることをやってのけています。
その折に織田信長との取次したのが、羽柴秀吉でした。
秀吉に、「官兵衛がその気になれば、わしが生きている間にも天下を取るだろう」 
と言わしめた逸話が残るほどの武将ですが、そのような話は講談として好まれる題材だけに、脚色されてしまうものです。
噂が一人歩きして過剰な評価をされている面はあるやもですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▸ 手取川の戦い

越中を平定した上杉謙信は、次なる一手として能登平定を目論見、侵攻を開始します。
これに対し、能登を領する畠山家の重臣「長続連」は七尾城に籠城し、織田信長に救援を求めた。
信長は援軍を承諾し、柴田勝家を総大将とする先発隊を向かわせ、自らも軍勢を率いて出陣しました。

・・・・・・が、援軍到着前に七尾城は落城してしまいます。

七尾城落城を知らないまま進軍する柴田勝家の接近を察知した謙信は、直ちに追撃を開始する。
ようやく落城を知った柴田勝家隊は撤退中で士気も上がらないまま追撃を受け大敗を喫しました。
それでも織田信長は幸運でした。この戦いからわずか五ヵ月後、上杉謙信は急死してしまうからです。

羽柴秀吉は、柴田勝家とそりがあわず、軍律違反を犯して戦線を勝手に離脱しています。
その一件に激怒した織田信長でしたが、比較的軽い処分に留め、代わりに羽柴秀吉を中国攻めの総大将に任じています。

以後、羽柴秀吉は、中国攻めの拠点として播磨へ進駐。黒田官兵衛は居城である姫路城を秀吉に提供しています。
正式に羽柴秀吉の与力となったのは1580年ですが、
この時期には黒田官兵衛居城を提供するほど羽柴秀吉を見込んでいたことがわかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▸ 別所長治、荒木村重翻意。中国方面侵攻は一旦中止に。

織田家に臣下を誓っていた東播州の三木城の別所長治が叛意。周辺の諸侯と共に毛利氏に寝返ります(三木合戦)。
さらに織田信長から摂津を任されていた荒木村重も反乱(有岡城の戦い)を起こしている。
荒木村重を説得に向かった黒田官兵衛は、幽閉されてしまいます。

中国攻めは一旦中止となり、羽柴秀吉は三木城の包囲網の維持。有岡城攻めに忙殺。
特に三木合戦では、別所方の食料などの補給を断ち切るという包囲戦を行っています。
食料という生命を維持するための手段を絶つというのは惨い手段といえます。
凄惨な少年期を過ごした秀吉ならではの作戦でしょうか。
以後の城攻めでも同様の包囲戦を行っています。
また、城主の切腹を条件に城兵の命の保障し、包囲網を解除するという流れが生まれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▸ 竹中半兵衛病死。

三木合戦の陣中、羽柴秀吉の与力として支え続けていた竹中半兵衛が病死しています。
与力とはいえ、軍師と同等の働きを担っていた半兵衛の死は、秀吉としては大きな痛手といえそうです。
有岡城落城後救出された黒田官兵衛がその任を後継していきます。

なお、竹中半兵衛は、黒田官兵衛という人物を相当買っていたようです。
荒木村重謀反時に消息不明となった黒田官兵衛を疑った織田信長は、人質であった松寿丸(後の黒田長政)を始末するように命じますが、
半兵衛は松寿丸を密かに匿ってその命を救っているからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▸ 宇喜多直家降伏。石山合戦終結と、天下布武への流れは加速する。

1579年、備前・美作を領する宇喜多直家が織田家に降伏。
1580年には、石山合戦が終結。本願寺勢は大坂石山本願寺から退去しています。
世の趨勢は、織田信長でほぼ決まりかけていました。

同盟国徳川家の嫡男、松平信康に武田家との内通があったとして、切腹を命じています。
自家家臣に対しても、佐久間信盛や、林秀貞など重臣を放逐。
織田包囲網が形成された時期には決して行うことはできなかった苛烈な処断を下しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

*Ⅱ期ー②は、信長包囲網が綻びをみせ、「天下布武」への流れがほぼ確定したといえる時期です。
抵抗勢力は粗方潰され、「天下布武」へ揺ぎ無く大勢は動き出しています。
ここまで地ならしがされていると、信長の意思さえ継承さえしていれば、
別の人物でも「天下布武」を成し遂げることは可能です。
Ⅱ期―③では、その事に気が付いてしまった人物が、「天下人」を目指して動き出します。


この時期の羽柴秀吉は中国攻めの総大将に任命されている。
別所長治の叛意で頓挫しかけますが、包囲網を形成し、補給路を遮断。切腹に追い込み、
備前、美作を領する宇喜多直家を降伏させています。

ただし、織田家全体でみると、その急速な拡大の“ひずみ”が散見されます。

松永弾正。別所長治。荒木村重らが一度は臣下を誓いながらも反旗を翻す。
手取川の戦いでは、柴田勝家と羽柴秀吉の確執があらわになっています。
松平信康、佐久間信盛、林秀貞らは苛烈な処分が下されています。

織田信長の革新的な手法や苛烈な処分に馴染めない者、
実力主義での登用故に、家臣同士の確執がみられ、統制は緩んでいます。
こうしてみると、“本能寺の変”は起こるべくして起こったといえそうですよね。
仮に明智光秀による“本能寺の変”が実行されなかったとしても、
別の者が第二の“本能寺の変”を引き起こしたであろうと推察されます。


この時期の「秀吉戦記」候補といいますと・・・・・・、
柴田勝家との確執が露になる手取川の戦いあたりが、上杉家という実装済み勢力との対決だけに候補になりえるでしょうか。
ただ、秀吉の出世物語を描くのが「秀吉戦記」とすると、適切なダンジョンではない気はしますよね。

一度は戦線離脱した秀吉ではあったが、上杉家の猛攻で惨敗した織田家を救うべく戦線復帰、
織田家諸将を救出しつつ、反撃体勢を整え、上杉謙信を討つといった独自の味付けにすればあるいは――。

史実の秀吉の活躍にしぼれば、三木合戦。ただ包囲戦は戦闘主体のゲームの題材としては地味すぎるので、
こちらなら有岡城の戦いとワンセットで官兵衛救出を盛り込むとかになりそうですね。


あなたの愛がこのブログを育てます。
面白かったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/01/06 18:45 ] 豊臣秀吉 | TB(0) | CM(2)

史実もあれば脚色もあり、人によって捉え方は様々だけど、ゲームの世界で憧れの武将と戦う事が出来るのが、醍醐味ですな!!
各大名家ごとに同様感じなものがあってTDみたいに、気軽に行けるのが欲しいな。
[ 2012/01/08 15:07 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 史実もあれば脚色もあり、人によって捉え方は様々だけど、ゲームの世界で憧れの武将と戦う事が出来るのが、醍醐味ですな!!
> 各大名家ごとに同様感じなものがあってTDみたいに、気軽に行けるのが欲しいな。

史実の秀吉を知っていたほうが楽しめるのではないかという趣旨でやっております。
ゲームの中のボス攻略や、特化理論だけでなく、
自由に解釈してブログ書くのも楽しみの一つだと考えております!
[ 2012/01/09 02:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/1121-07c9d57c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。