ブログパーツ ばるさん 追加ダメージ懐剣僧兵 試案






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

追加ダメージ懐剣僧兵 試案

僧兵の主砲「閻魔撃・弐」はいいところ3000~4000ダメージ。
これだけでは、現環境ではパンチ力不足。

発想を変えて
槍や棍棒の攻撃力に頼った「直接ダメージ」ではなく、
ウェイトの軽い懐剣装備で「追加ダメージ」主体でやってみたらどうだろうと試案しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

● 懐剣装備のメリット

捨身虎牙のウェイトが1 閻魔撃・弐のウェイト5と 槍より2 棍棒よりも3 ウェイトが軽い。
懐剣潜在 命中10 気合100 知力10と僧兵と相性は悪くない。

● 懐剣装備のデメリット

棍棒や、槍と比較すると攻撃力が格段に落ちる。

● 懐剣装備+αによる追加ダメージ要素。

「捨身虎牙」の反射ダメージ(被ダメージの8割程度反射)
「毒刃(上覧報酬・近接攻撃と同時に35%の確率で生命継続減少被害を与える 1分で625ダメージ)」
「急所狙い極意(懐剣限定・近接攻撃と同時に2割の確率で永続生命現象被害を与える 1分で840ダメージ)」


・・・・・・・・・・・・・・・・・

被ダメ2000~3000なら、毎ターン1600~2100+625~840の追加ダメージだぜ!
擬似的な黒荊の用途ができるのでは・・と構想段階では思えたのですが・・・。

実際にやってみた感触は、なんとも・・・うーん。微妙でした。


●理由

① 毎回、標的固定したNPCが近接攻撃してくるわけではない上に党員の盾職に守護されることもある。
② 毒刃は、発動判定(35%)と成功判定(知力依存)が別々に用意されているので実際に発動するのは3割以下。
③ 急所狙い・極意は2割程度の発動率で、「捨身虎牙」では発動するものの、「閻魔撃・弐」では発動しない。


毒刃+致命傷の発動率は以前の記事で検証しています。
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/index.php?q=%B5%DE%BD%EA#entry560

ウェイトが軽い分、立ち回りは軽快。
しかし、肝心の追加ダメージ部分は運要素が絡み過ぎて、期待値が低いわけですね。
また、闘魂術、佐竹流軍学や、勘兵衛の奇策などの特殊状況下の攻撃では捨身虎牙の反射結界(5割軽減)では
生命7400防御1000でも1発で瀕死~即死してしまいます。
相手を選ぶか、金剛力の維持の条件付の固定という制約も発生します。

死人加護(武器・防具)を用意して是正滅法からの火力増や被ダメ減も考えてはみたのですが、それでも弱いかなぁ。

●結論

「捨身虎牙」の反射ダメージや、「毒刃」の継続ダメージなどの追加ダメージは、自分から安定したダメージを引き寄せる要素が弱く、期待値が低い。
追加ダメージは、メインではなく、サブ。おまけ程度に捉えたほうが良いか。

あなたの愛がこのブログを育てます。
面白かったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/17 01:02 ] 【僧兵】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/1100-a60fb4c7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。