ブログパーツ ばるさん 「鳳凰の章」 期待と不安。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「鳳凰の章」 期待と不安。

拡張パック第五弾『信長の野望 Online ~鳳凰(ほうおう)の章~』2012年3月7日開幕!/プレサイトオープン 公式サイト

公式サイトにて『信長の野望 Online ~鳳凰(ほうおう)の章~』のプレサイトが公開。
パッケージ用と思われる秀吉とおねね?が共演しているスクリーンショット。新要素の概要が掲載されていて、
期待やら不安の想いが入り乱れます。


期待でいえば、「新星の章」で生まれた不満点の解消
不満点はいくつか挙げられますが、二点に絞れば「一門」と「作業感」でしょうか。

「一門」「一門ダンジョン」によって不特定のプレイヤーとの交流の機会が減少しています。
これを改め 全ワールド合戦や、城下町で ワールドの垣根を越えた交流を創出する
上覧やワールド対抗戦が始まった「争覇の章」の回帰でもありますよね。

ポイント狩りや、評定クエストといった繰り返し作業によって生まれるマンネリ感「作業感」
RPGは突き詰めると作業ゲームにしかならないのですが、作業を作業と思わせないのが味噌
「家臣」の育成は、腰袋や紋のような作業要素のある育成要素だと考えられます。
NPCを育てる、目に見える成長や変化を通して愛着などを持たせて作業感を軽減するような意図があるのかもしれません。


不安でいえば、PS2版の処遇
プレサイトを見る限りでは、パッケージ版の対応機種に含まれていません。
「新星の章」では、パッケージ版は発売されずにDL版のみの販売でしたので
「鳳凰の章」でもDL版での販売となりそうです。

PS2版はグラフィックでも、HDDの容量でも限界に近い時期には差し掛かってはいるのですよね。
特にHDDの容量が問題で、「新星の章」であると先に装備・NPC・ダンジョンのマップを先に開発しておいて
容量の計算をしてのチャプター制が実施されたと、解析データの分析から推測がされます。

この方式であると 後に方向修正の必要性が出てきても手持ちのコマの数を増やせませんし、変更もできません。
方向修正をするにも自縄自縛ですよね。

「鳳凰の章」でもPS2の容量を考慮したチャプター制が実施されるのでしょう。

それでも現時点では切るに切れないと思われます。
今でもアクティブプレイヤーの3割がPS2でプレーされているとのことです。
また、PCやPS3に以降するにも、初期投資からだとすれば、それなりの出費を覚悟せねばなりません。
特にPS3版は、市民ID一つに一つしかPS3版アカウントが入れれない仕様で複数アカウントに不向き。
この先もサービスを継続していくのならば、時期を見てどこかで切る必要はあるのでしょうけども、
複雑な事情が絡み合っているだけにプレイ側、製作者側も頭を悩ませる問題ですよね。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/02 18:03 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/1086-0a385573







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。