ブログパーツ ばるさん 【新星の章・第四陣】 「綺羅演舞」通知表






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【新星の章・第四陣】 「綺羅演舞」通知表

■基本データ


 ●タイプ:サポートアタッカー

 ●人口:中
 ●成長タイプ:晩成

 ●重要ステータス:生命力・腕力・魅力
 ●おすすめ宝玉:◆破凝の宝玉(標的固定時間短縮)

 ●ステータス成長率:生命D 気合C 腕力C 耐久E 器用S 知力B 魅力C
 ●初期振り:腕力・魅力
 ●装備:腕力・魅力


技能覚醒項目生命気合腕力耐久器用知力魅力属性
初期覚醒項目400

202020
隠し覚醒項目100
110
1020110
5001103040130

2011y11m28d_064344562.gif 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 「第四陣」での変更点


 【共通】 雲外蒼天:技能目録を変更し、傾奇者全特化で使用できるように変更

 【特化】 四連舞:“雲外蒼天”(うんがいそうてん)をこの技能に置き換え / 物理攻撃技能
 【特化】 封射の睨み:プレイヤーキャラクターと一部のNPCへの成功率が上昇 

 【環境】 槌技能の仕様を変更
 【環境】 気合ダメージの算出方法を変更




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 意識調査

2011y11m28d_003035843.gif


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「技能覚醒育成」指導方針

技能名オススメ度覚醒項目備考
鬼舞
威力20 命中20 腕力10主砲
天地人威力20 命中20 腕力10サブウェポン。低ウェイトが魅力。
飛槍放鷹威力20 ウェイト2 消費気合10 生命力10唯一の間接技能。ウェイトに難有。生命覚醒はおいしい。
*天地翻転の舞消費気合20 腕力20ステータス確保用。
建護雷/綿津見/迦具土/天御柱の神舞効果時間20 ウェイト2 消費気合10 腕力10陰陽道との連携を考えると建護雷(土)か天御柱(風)
封射の睨み呪詛時間20 ウェイト2 成功力10 知力10ステータス確保用。

他候補:痺れ切り(命中)、落下の舞(表生命)、*穿ち飛び六法(隠し魅力)、*驚天動地之閃(隠し魅力)、魅了の睨み(隠し生命)

2011y11m28d_064912593.gif 

関連リンク:
帯系(信長の野望オンライン寄合所)
鬼舞(信長の野望オンライン寄合所)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■項目別評価

評価項目評価(10段階)コメント
対NPCボス
「痺れ斬り」「全体看破・弐」「地勢」といった基本技能に加え、
「封射の睨み」「神舞(槌)」「四象操作」とサポート技能は一通り揃っている。
主砲の「鬼舞」は四象、槌で高水準のダメージに。陰陽道との相乗効果も狙える。
相手の属性術のダメージも増加するのでデメリットにもなるが、
意図的に引き出したい術に誘導する。被害の少ない属性を選ぶなどで対処できる。

しかし、守護持ち相手となるとどうにも不得手。
党員に準備動作を任せるなり、守護率低下を依頼するとなると
連携というよりも負荷にもなってしまう部分もある。
ザコ狩り
主要狩場であった「凶物理」はポイント狩りに押されつつも、
「陣形」「大団円・弐」「与生気・参」狩りで重宝される補助技能を完備。
低ウェイトの天地人。確殺圏内の広い鬼舞と攻撃能力もある。
ウェイトに難があるものの「追風の謡」所持で乱射徒党もやれなくはない。大抵の狩場で対応できる。
上覧サポート技能は、鉄砲鍛冶に有用な妨害技能「封射の睨み」や「雲外蒼天」、「魅了の睨み」など。

火力は相応にあり、物理+妖術ダメという特長から「心頭滅却」越しに一定のダメージを与えることも可能。

ただ、単体で守護抜けが可能な技能はウェイトに難がある「飛槍放鷹」のみ。
サポート・攻撃と一定の技能はそろっているものの、守護抜け技能の弱さが気にかかるところ。
拠点戦
ソロ・少数狩り
拠点・武将共闘 6
ソロ・少数 9
陣形持ち、気合管理のできる攻撃役ということでソロ・少数の適正は高い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 総評 

 
 四象操作に長けるアタッカー。
 武芸伝と比較される事が多いものの、第四陣の調整では異なった味付けがされている。
 武芸伝は一意専心で不器用になる代償に守護・援護への対抗手段を得ているが、
 綺羅演舞はサポートよりで、特定の特化と組ませることで力を引き出す調整となっている。

 「雲外蒼天」が共通技能化し、「四連舞」に差し替えられた。
 「四連舞」は妖術追加ダメージや、技能覚醒で命中・威力項目がない。
 特化3の一つ目という配置から察するに「天地人」修得までのつなぎの技能とみられる。
 「封射の睨み」は成功率がアップ。対人で脅威となる鉄砲鍛冶、強力な間接技能を持つNPCへ牽制となる。

 環境面では、槌仕様の変更で 「近接攻撃成功時に属性術ダメージを加算する」 効果から、
 「近接攻撃、及び同属性術攻撃成功時に、属性術ダメージを加算する」 効果に変更されている。
 鬼舞のダメージ加算だけではなく、属性妖術を得意とする陰陽道との相乗効果が見込める。
 
 ただし、「気合ダメージ算出方法」の変更で守護持ち人型へ準備動作阻止が困難となっており、
 演舞x陰陽道であると他に妨害系サポートを入れる必要が出てくる。

 特化の特徴である「四象操作」は特定の四象を上げて特定へ術を誘導ができる。
 また、四象を引き下げる事で、「永続周天法」「星辰法」持ちの術士からの被ダメ軽減を狙える。
 
 他の特化にはない独自のカラーが引き出せつつあるものの、
 「プレイヤー人口」、「強力な共闘NPCの存在」、「一門ダンジョンの弊害による野良徒党の減少」という現状を考慮すると
 どうしてもどの構成でも潰しが効く特化に人気が集まってしまう。
 特定の特化同士で力を引き出す強化が、徒党編成の融通さを損ない「綺羅演舞」の足枷になってしまうのではないか。


2011y11m28d_073132281.gif 

あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
関連記事
スポンサーサイト

メインが演舞の私から見ても凄く現在の演舞のポジションを分かって頂くには良い記事ですね!実は演舞の通知簿すごく楽しみでしたっ!    PS「魅了の睨み」の隠し覚醒が生命なので個人的にはオヌヌメです^^
[ 2011/11/28 08:27 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> メインが演舞の私から見ても凄く現在の演舞のポジションを分かって頂くには良い記事ですね!実は演舞の通知簿すごく楽しみでしたっ!    PS「魅了の睨み」の隠し覚醒が生命なので個人的にはオヌヌメです^^

演舞は育成経験ないので 実際に育てている方の体験談や実際の立ち回りを拝見してから
作成しました。ですので、内心ではどの程度表現しきれているのかドキドキもんです。

魅了の睨みは表知力だったので書かなかったのですが、オススメということなので
入れておきますに!
[ 2011/11/29 01:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/tb.php/1079-c69d58d1







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。