ブログパーツ ばるさん 2012年02月20日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

弓と神典

2012y02m15d_220345234.gif 

2012y02m15d_214046718.gif 

2012y02m15d_220602859.gif  

2012y02m15d_220707593.gif 

2012y02m15d_220946093.gif  

2012y02m15d_221225296.gif 

2012y02m15d_215441609.gif 

● 弓の二つの側面 武器と、儀式

武器:木材と竹をニカワで貼り付けた複合弓(和弓)が使われた。全長は七尺三寸(約221cm)を標準とされ射程と破壊力に優れるのが特徴。
合戦での主要兵器として使用されたが、鉄砲の普及で次第に廃れた。
儀式:祭礼や神事。魔よけに使われた。梓巫女と呼ばれる巫女が小弓を儀式に使用していた。

2012y02m15d_215939875.gif 

梓巫女とは?

梓巫女(あずさみこ)とは、特定の神社に属せずに各地を渡り歩いて託宣や呪術を行っていた巫女のことで、
他にも「市子」等様々な呼称があった。主に東国を中心に活躍していた。
梓巫女は梓弓を鳴らしながら神降ろしの呪文を唱えて、神懸かりを行って生霊や死霊を呼び出して(口寄)、その霊に仮託して託宣や呪術を行う(神語り)。
津軽地方のいたこには弓の弦を棒で叩いて口寄せを行う者がおり、梓巫女と同系列であるとされている。

2012y02m15d_221550828.gif  

2012y02m15d_222127953.gif 

2012y02m15d_222306546.gif 

2012y02m20d_175422937.png

2012y02m20d_180843906.gif


あなたの愛がこのブログを育てます。
面白かったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト
[ 2012/02/20 18:10 ] 【創作】 【僧兵劇場】 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。