ブログパーツ ばるさん 2012年02月09日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通霊力の歴史 争覇>新星

Ia_51 (1) 争覇の章時代:
 
  神通霊力は、活身に代表される継続的な回復能力に優れた特化。
 活身の生命継続回復量は覚醒で底上げできるものの、一定であり、
 味方の総生命が増えれば増えるほど効力が落ちる。価値が下落する傾向にあった。
 覚醒システムや、レベルキャップの開放によって促進されたインフレがその傾向に拍車をかけた。
  インフレの加速と共に、詠唱のない状態での回復能力(救護)が求められていくこととなる。



・・・・・・・・・・・・・・・・

Ia_51 (1)   「新星の章」第一陣 2010.3.24 待望の実用的な攻撃妖術と、新しい継続回復技能が追加される。

 ●追加
 【良薬之書・七】 医療杖術 錫杖の攻撃力の4倍分、回復量が増加する
 【良薬之書・七】 無我無心 味方全体の標的混乱状態に対する耐性を上昇させる。
 【良薬之書・七】 薬効激化・弐 自身に免疫破壊と薬効強化の効果をつける。効果中。

 【神通霊力・六】 雷神衰滅 敵三体に属性値を低下させる攻撃術を放つ。対象は重複可。
 【神通霊力・六】 神通活力 味方単体に行動ごとに生命力が回復する状態をつける。
 【神通霊力・六】 *神霊天寿通 生命力の最大値を上げ、行動生命回復状態をつける。

 ●変更
 【医術・七】 完全治療(生命回復量の上限なし)>強力治療(生命回復量の上限6000)に変更。
 【医術・七】 全体完全治療(生命回復量の上限なし)>全体強力治療(生命回復量の上限6000)に変更。
 【神通力・七】 活力 準備動作を省略可能にへん


*新星の章では、医療杖術の追加で薬師全体の基本回復能力の底上げがされている。
特化としては、1~3体対象の実用的な攻撃妖術「雷神衰滅」、
活身に代わるあらたな継続回復手段。行動回復状態を付与する「神通活力」が追加されている。
自身にかけると、万均丹を飲みながら回復、攻撃しながら回復と、ソロプレイにも活用できる技能となっている。


Ia_51 (1)   「東西大合戦アップデート」 2010.06.09 

 ●変更
 なし

 【環境】 武将NPCの強化。


*忍秘術や、密教の主要技能の気合消費が割合消費から、固定消費へ変更。
高位召還術の式神の強化が実施されている。


Ia_51 (1)   「9月アップデート」 2010.09.29 
 
 ●変更
 【神通霊力・伍】 神霊蘇活 待機時間短縮。
 【神通霊力・伍】 活宿命功法 生命継続回復量の増加。

 【環境】 物理職の強化。
 【環境】 新耐性低下仕様の導入。


*波紋乱射の弱体。新耐性仕様の導入という大きな仕様変更が実施されている。
「神通霊力」は奥義技能の底上げがされている。

Ia_51 (1)   「10月アップデート」 2010.10.27 
 ●変更
 【神通霊力・六】 神通活力 救護機能を追加

*「10月アップデート」は、盾職とサブ矛の強化を中心に調整が行われている。
「神通霊力」には、神通活力に救護機能が追加されている。これにより、回復6職すべてに救護能力が追加されたこととなる。
現環境においては救護能力の有無で難易度が激変してしまう。
どの回復職にも最低限の救護能力が無ければ、対処しがたくなってきているため、救済措置とみられる。

Ia_51 (1)   「2月アップデート」 2011.02.16 

 
●変更
 【良薬之書・六】 治癒 回復量増加
 【良薬之書・六】 全体治癒 回復量増加

 【神通霊力・六】 神通活力 対象を2体へ変更。救護回復量調整。
 


*「2月アップデート」では、回復職のバランス調整をテーマに
「治癒」「蓮華」の回復量の増加と、救護技能の平均化が実施されている。
神通霊力は、治癒の強化と、神通活力に救護能力、行動生命回復量800のまま二者化の効果を得ている。
また、「小田原の陣」 摩利支天戦といった生命継続回復状態と相性のよいボスNPCも登場してきている。

Ia_51 (1)   「新星の章」第四陣 2011.08.03 

 
変更
 【良薬之書・弐】 勇猛果敢 自動発動の技能に変更
 【良薬之書・弐】 呪力封入 発動した劇薬の効果が上昇するように変更
 【良薬之書・七】 無我無心 標的を混乱させる技能への耐性効果を大幅に上昇
 
 【修験法力・伍】 倶舎養命 生命力の継続回復効果を上昇(毎分650~700→1100~1200程度)

 【環境】 気合ダメージの算出方法の変更
 【環境】 生命継続ダメージ仕様変更
 【環境】 近接物理職の強化


*「第四陣」では、8職24特化すべてに調整が加えられている。
神通霊力には、生命継続ダメージの仕様変更が何よりもの強化となっている。生命回復状態と、減少状態が同時に効果を及ぼすようになったからだ。
これにより「無間活力」が喝破されない限り永続化した。
継続的な回復量に期待ができるだけでなく、相手からの生命継続ダメージ攻撃の緩和にもなる。
調整された倶舎養命を加え、安定した回復を供給する能力に磨きがかかった。

 
・・・・・・・・・・・・・・

*新星の章の調整では、医療杖術、治癒といった基本的な回復能力の底上げに留まらず、
生命継続回復仕様の変更と、神通活力(行動生命回復状態+救護)が加えられている。
インフレ環境で価値が下落しつつあった“継続して安定した回復能力”という特徴を再び発揮できるようになってきている。

瞬間的な回復というインパクトの強さ故にどうしても高等医術が注目されてしまうが、
ほとんど遜色のないところまで引き上げられている。

あなたの愛がこのブログを育てます。
面白かったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。