ブログパーツ ばるさん 2011年12月






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国人衆(拠点戦共闘NPC)調査

・昨日の共闘NPC一覧表にて、世界の小野さんから、国人衆のデータがない!といわれたのですが、
よくよく考えたらこれといった調査をしていなかったので、実際に拠点に赴いて大雑把な傾向を観察してきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 国人衆食客(一刀侍) 守護術有

よく使う技能:八箇必勝、心頭滅却、一所懸命

*xx家武者と同様、八箇必勝を好む。心頭滅却も所持し、盾能力にも期待できる。


■ 国人衆私度僧 (杖僧侶) 蘇生有

よく使う技能:凍気・参、紅蓮・参、僧兵連撃・改、治療四、諸行無常

*ダメージ係数では、僧兵連撃・改のが上だが、凍気・参、紅蓮・参をやたらと多用する。
*味方の生命が減り出すと回復モードになるが、それでも凍気・参、紅蓮・参をすることがある。
*「結界」が張られている相手には、「諸行無常」で解除しようと優先敵に動く。


■ 国人衆渡巫女(弓巫女) 

よく使う技能:三連射、神代の矢、神風、風の唄、死の唄、気合韻、詠唱付与・四、全体解呪・弐
*気合韻の維持を優先する傾向がある。呪詛にも解呪で丁寧に対応する。
しかし、通常状態の挙動が不穏。射撃に適正があるものの、神風や浄火、風の唄を使いたがる傾向がある。


■ 国人衆年長者(杖陰陽師)

よく使う技能:六極砕破、紅焔など単体術、呪霧系統
*単体攻撃妖術を好む。xx家術士よりも頻度は低いが、呪詛などの妨害技能を使う。


■ 国人衆小作人(懐剣忍者)

よく使う技能:波紋両断、結界破り

*波紋両断をこよなく愛する忍者。
*単体攻撃が多いため「急所狙い極意」との相性が良好で、よく「致命傷」が発動していた。
*結界に過剰反応する傾向がある。


■ 国人衆鉄打ち(鉄砲鍛冶) 守護術有

よく使う技能:陽動・改・四段打ち・千鳥落とし・刀の至り
*四段打ちや、千鳥落としを所持するも、火力は低い。
*「標的固定技能」を好む傾向がある。「刀の至り」を使用しても攻撃しないことも。
火力は低め、攻撃よりも盾行動をしたがる伝統的?な鍛冶屋共闘NPCの流れを組むNPCと言える。


■ 国人衆茶摘み(薙刀薬師) 蘇生有

よく使う技能:電曜、般若験力、裏鬼門、治療四、活身・参、蛇紋孔・弐
*敵の青赤△付与に過剰反応し、般若験力で消そうとしてくる。
*味方の生命が減ってない場合は、電曜や、蛇紋孔・弐など攻撃的になる。
*味方の生命が減り出すと、積極的に回復し出す。僧侶のように紅蓮・参をやらかさない分期待値は高い。


■ 国人衆雑仕女(槍傾奇者)

よく使う技能:意気衝天、各種槌、天地人、詠唱付与・四
*気合韻や、槌の維持を積極的に行う。看破された場合には詠唱付与・四を行うことも。
上記の状態が維持されていれば、「天地人」中心の攻撃に徹するので頼りになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆神職NPCと傾奇者NPCの違い

気合韻状態、詠唱付与状態を維持しようとするのは同じだが、その条件を満たした後の動きに違いが出る。
神職NPCは、射撃、神風、風の唄、四色系付与術をランダムで使用。
傾奇者NPCは、槌か天地人などによる攻撃。
一定のダメージが期待できる行動を優先する分傾奇者に軍配が上がる模様。

◆僧侶NPCと薬師NPC

どちらも、味方の生命が減るまでは回復しないで攻撃的な動きをする。
僧侶:凍気・参、紅蓮・参、僧兵連撃・改
薬師:電曜、蛇紋孔・弐、般若験力

*後衛系のNPCは特定の条件にはキッチリ対処するものの、
それ以外の場面となると、電曜やら、神風、紅蓮などの謎の行動に出る。
条件下以外での行動パターンが設定されていないのやもですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*基本的に、xx家シリーズと同じAIのようでした。

その中で個人的に面白いと思ったのは、“国人衆小作人(懐剣忍者)”
低ウェイトで「波紋両断」を連射するイケメン忍者。致命傷発動もおいしい。
こんな「家臣」できれば、「陰陽師」の相方として使えるのかも!

あなたの愛がこのブログを育てます。
面白かったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。