ブログパーツ ばるさん 2011年09月23日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年9月22日 「GAME.Watch」インタビューまとめ。

参考:コーエーテクモ、オンラインゲームプロデューサーインタビュー
「信長の野望」、「大航海時代」、「真・三國無双」オンライン3タイトルの最新情報をさらに深堀り!


*ゲームウォッチさんに掲載されている「信長の野望online」関連の「インタビュー記事」を要約して再構成しました!

【鳳凰の章】関連

【鳳凰の章のテーマ】

「鳳凰」は「天下人」の出現と共に現われる「伝説の鳥」という言い伝えがある。
その「天下人」が経営する「城下町」の成長がテーマとなっている。


【鳳凰の章】

・「鳳凰の章」では「戦闘」と「生活」という両方の部分を高めていく遊びを提供する。
・「新星の章に引き続きチャプター制度が取られる。天下人のストーリーを中心に展開していく。
・「天下人システム」に関わる新しいシステムは予定はしているが、まだ詳細を話せる段階ではない。


【城下町】

・「箱庭」コンテンツ。「知行」を発展させたもの。
・「勢力」や「一門」ではなく「個人」単位で経営する「箱庭」コンテンツ。自分の「城下町」を発展させると、キャラクターも成長するようになっている。

・非同期にお手軽にコミュニケーションをとれる遊び方が入る。
・城下町を発展させるには金や「資材」が必要になる。冒険や合戦で獲得、プレーヤー間で取引して入手できる。
・城下町を発展させると、自分たちの「家臣」を鍛えることができるようになる。
「家臣」は一緒に連れて歩けるようになる(共闘NPC?)。「家臣」と一緒に冒険に出る場所の範囲については、検討中の段階。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【これからの展開】


【天下分け目の合戦】

・今冬の前半に行われる。天下統一というところが「鳳凰の章」の前に行なわれて、泰平の世が訪れる。
そしてまた新しい天下統一に向けて「鳳凰の章」が動き出すという形でイメージしている。
・「天下分け目の合戦」の決戦の舞台となる主戦場は広大なマップとなる。
・大坂夏の陣・冬の陣というイメージしてデザインされている。城を中心に城下町にまでエリアが広がり、広大な範囲での戦いになる。

【その他】

■ 10月12日のアップデートから以下のサービスが開始される。


・キャラクター名の変更サービス。
・アカウント共有倉庫の拡張第2弾。
・期間限定で成長途中の方向けに技能経験値のボーナスが得られる成長促進アイテムをシリアルナンバー形式で販売する。
*ボーナスは「新星の章」までの技能に使える。


■  「新星の章」ムービーに登場する「独眼竜の野望」未実装の敵・ダンジョン

・「天下分け目の決戦」の前に実装予定。「TGS 2011」の試遊台上のモニターで再生されているPVにもちらりと見たことがない場所を入れている。


■ 今後も「信長の野望online」と「大航海時代online」は定額課金でのサービスを継続する。

・アンケートでも「アイテム課金制度」への反対意見が8割程度と多い。
今の環境だからこそ安心して遊んでいただいているお客様が多いという認識をもっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 感想

・インタビュー記事を読んだ限りでは「新星の章」天下統一まで、「鳳凰の章」天下統一以後の治世。となっているようで続き物のようです。
続き物ととらえると、「天下人」はおそらく「伊達政宗」。侵攻型ダンジョンも「続・独眼竜の野望」になるのではないでしょうか。
・「城下町」は知行の発展系で自身の成長や、共闘可能な「家臣」を育成できるようです。
非同期性を取り込むとあるので、@ウェブかmyゲームシティの方で「城下町」の指示等ができるようになるのかもしれないですね。
・10月12日にアップデートがあることが言及されています。上記の新サービスの他に機能調整があるのか気になるところ。


■ 今後の展開

 ●2011年10月12日
「新サ-ビス」が開始されるアップデート
 ●?(天下分け目の合戦の前)「未実装ダンジョンの追加」
 ●今冬前半「天下分け目の合戦」
 ●今冬「鳳凰の章」



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト
[ 2011/09/23 06:34 ] 【復帰、新規者向け】 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。