ブログパーツ ばるさん 2011年09月20日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「城下町」システムの予想!

* 「鳳凰の章」の目玉? 「城下町」とはどのようなコンテンツになるのか予想してみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

城下町(じょうかまち)とは、日本において、領主の居城を中心に成立した都市。
成立は戦国時代に始まる。城の防衛施設としての機能と、行政都市・商業都市としての機能を持つ。
wikipedia「城下町」より


「wikipedia」の記事をみるだけでも、「知行」や「一門所領」のような育成要素のある「箱庭コンテンツ」にピッタリだといえます。
この点に関してはまず間違いがないと思われます。
発展如何によって「生産材料」や「成長促進アイテム」が手にはいるのでしょうね。

注目なのは、領主の居城を中心に成立した都市。といったくだりです。
ここをどう解釈するかで方向性が見えてきそうです。

■ A説 勢力との繋がりを重視する 本拠地発展コンテンツ。

「勢力」でのコミュニティを形成することを目指した箱庭コンテンツ。
本拠地を所属プレイヤー達で発展させること(献上や合戦で貢献すると、本拠地に新たな施設の設置や区画整備ができる)
で一体感。連帯感をはぐくむ。

>一門システムで失敗したコミュニティシステムへの再挑戦が狙い。


■ B説 勢力との繋がりを重視しない ウェブサイト連動コンテンツ。

オンラインゲームにソーシャルゲームの要素を導入する試験的な箱庭コンテンツ。
「my GAMECITY」を介してPCのブラウザ上や携帯から遊べる。
「城下町」を通してゆるい繋がり程度の交流は持てる。(知人登録した仲間の城下町に訪問できるなど)
勢力から経営を任される形でスタートするものの、密接に勢力と結びつけるわけではない。

>こちらの説を着想するに至ったはこの記事の「my GAMECITY」に関する発言からです。

編: オンラインゲームの連携や連動はあるのですか?

小林氏: オンラインゲームとの親和性は高いと思っています。「大航海時代 Online」などについても「my GAMECITY」を通じてプレイすれば、オリジナルの特典アイテムが獲得できるようなイメージを想定しています。

ゲームとウェブサイトの連動の例としては、ポケットモンスターBWと「ポケモングローバルリンク」が有名です。

2011y09m20d_035148546.gif
*適当に作ったイメージ図

パソコン/携帯から、ウェブサイト(my GAMECITY)に接続、
サイト上でミニゲーム(城下町発展ゲーム)をすることで、本編にアイテムを持ち帰ることができる。
このようなシステムが導入されるのかもしれないです。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト
[ 2011/09/20 01:32 ] 予想 | TB(0) | CM(6)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。