ブログパーツ ばるさん 2011年06月21日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【新星の章・第三陣導入時】 「神典」通知表

*注意事項とお願い。

「通知表」シリーズは職業ガイド風味の「ネタ記事」です。

書かれている内容は、参考程度以上には信じないでください。
筆者なりに真剣に書いてはおりますが、自分が勝手に考えた意見の枠の範疇で書かれている記事に過ぎません。
また、信憑性については一切保障は出来ませんし、するつもりもありません。
最も尊重すべき評価は、「実際にプレイされている方ご自身で出された評価」だと考えているからです。

筆者の環境:育成経験なし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■基本データ

■プレイヤー人口:C

●育成タイプ:超晩成

●ステータス成長率:生命E 気合A 腕力E 耐久E 器用C 知力A 魅力S
●スタイル:詠唱・サポートの合間に射撃を絡めるスタイル。
●オススメ初期振り:腕力器用or腕力耐久魅力

技能覚醒項目生命気合腕力耐久器用知力魅力属性
初期覚醒項目600
60
4020
隠し覚醒項目500
1006020
203060
110010012020207080


2011y06m21d_080935203.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■第三陣まででの強化・弱体要素。

【強化・9月】 天照の光矢 気合消費1750→1460
【強化・9月】 智神和魂・弐 気合消費1200→720
【強化・9月】 剛神和魂・弐 気合消費1200→720
【強化・9月】 霊祀帰神法 待機時間10分→5分
【強化・10月】 月弓還矢 行動時の蓄積値も引き上げ*1行動毎に+1000 *最大蓄積値:6000(対人では1500)
【強化・10月】 神佑弓術 矢の特殊効果が必ず発動
【強化・10月】 天照の光矢 ダメージ算出方法の変更
【強化・10月】 荒魂宿光 味方単体にダメージを一定値追加する状態を付与


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「技能覚醒育成」指導方針

技能名オススメ度覚醒項目備考
天照の神矢
威力20 ウェイト2 命中10 生命力10主砲。
三貴神射儀威力10 ウェイト2 消費気合20 腕力10狩りで非常に有用。
神佑弓術腕力20 魅力10ステータス確保用
不変の御手生命力20 知力10ステータス確保用
扇的術腕力20 器用10ステータス確保用
月弓還矢結界硬度10 標的度10 消費気合20 魅力10育成状況に余裕があれば、結界硬度や魅力を埋めておきたい。

2011y06m21d_081524890.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■項目別評価

評価項目評価コメント
対NPC
B
「月弓還矢」からの攻撃は、ターン数が必要という制約はあるものの魅力はある。
しかし、世間一般的に詠唱枠に求められる能力は、徒党を安定させるサポート能力。
攻撃能力を持つが故に、共通技能でサポートをしなければならないのが辛い。
強ボスNPCであればあるほどこの傾向が強く、「神典」を苦しめる要因となっている。
対人
B+

雅楽之妙とのコンビなら
A

NPC戦では使いづらい「速攻の韻」や「防壁の韻」が対人戦では光る。
「月弓還矢」からの「天照の神矢」も思った以上にマークされない。
とはいえ、詠唱1で立ち回ると攻撃や積極的な行動を取るのはなかなかに難しい。
相性補完のできる「雅楽之妙」と組んだときに真価が発揮できる。
狩りC~C+
「神恩の儀・弐(共通)」はあるものの、新星新技能は燃費の悪い技能が多い。
「大団円・弐」や、「神授気合」の有無だけで勧誘率に大きな差が開く。
攻撃+野内外での気合管理での負担はそれなりにかかる。
ソロ、少数A~S
「恵雨の儀(共通)」、「三貴神射儀」のおかげで抜群のソロ能力を誇る。
「人取橋」「小田原の陣」と生命の低い3体NPCが増えたのは◎

2011y06m21d_081929437.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 総評 「詠唱」枠でなければ大成していたであろう「特化」

弓を扱う職業はどのゲームでも熱心なファンがいるものだ。
『信長の野望online』でも例外ではない。

しかし、その熱心なファンの方をうならせる程の調整。強化は行われたことがない。

ひとえに、「詠唱」能力を持ってしまったが故に多くの「制約」を受けているためだ。
「10月アップデート」での「月弓還矢」を中心とする強化も、
あくまでも「詠唱」枠という枠組みの上で攻撃するための調整となっている。

また、一般的に「詠唱」枠に求められている能力は「攻撃能力」ではなく、徒党を安定させる「サポート能力」でもある。
現状で、まったくどうにもならない相手は存在しないものの、
他のライバル詠唱枠がみなサポート能力に特化したスタイルであり、共通技能でライバルと競争せざるを得ず苦しい状況におかれている。

「詠唱」能力を得たことで飛躍した「能楽之美」とは対照的に、
「詠唱」能力を持っていることで「弓の使い手」としては多くの「制約」や「制限」を受けて本来の魅力が引き出されずにいる。

別の職業で誕生していれば、多くの制約を受けることもなく才能を開花し、大成していたに違いない。

2011y06m21d_082336562.jpg


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。