ブログパーツ ばるさん 2011年06月14日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【新星の章・第三陣導入時】 「鎧之取扱」通知表改

*盾鍛治屋の生命線ある青▲維持に関する視点を元に加筆修正しました。前回とそう内容に大差はありません。

筆者の環境:数年前に鎧鍛冶を育成していました。今は特化変更して倉庫番になっております。

■基本データ

■プレイヤー人口:SS
2011y05m08d_021629390.jpg


●育成タイプ:普通。
狩りでの攻撃参加も視野に入れると晩成。

●ステータス成長率:生命B 気合E 腕力B 耐久A 器用B 知力E 魅力C
●スタイル:標的固定能力・盾能力に特化した鍛冶屋。
●オススメ初期振り:耐久魅力。

技能覚醒項目生命気合腕力耐久器用知力魅力属性
初期覚醒項目400
40

隠し覚醒項目700
80
100
1100120100

2011y06m13d_150447265.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■備考


・育成段階で経験するボスであれば「下組み鎧」は絶大な効力を発揮する。それ故自身の盾能力に過信を持ちやすい。
しかし、近年追加されてきたダンジョンであると同様の感覚で戦ってしまうと簡単に落とされてしまう。
強ボスNPC相手であれば、基本に忠実に青▲の維持を意識しておきたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■第三陣まででの強化・弱体要素。

技能名強化・弱体/時期重要度変更項目
*粉骨砕身
強化/9月待機時間10分→5分へ変更。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「技能覚醒育成」指導方針

技能名オススメ度覚醒項目備考
陽動・改
標的固定時間20 標的度10 成功力10 魅力10主要技能 すべて埋めておきたい
自制心生命力20 魅力10ステータス確保用
下組み鎧生命力20 耐久10ステータス確保用
*尽力衛守消費気合20 生命力20ステータス確保用
難攻不落耐久20 生命力10ステータス確保用
罵倒標的固定時間20 標的度10 成功力10 魅力10我慢挑発等では釣れにくい敵に。

2011y06m13d_150758890.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■項目別評価

評価項目評価コメント
対NPC
B~A
「陽動・改」による全体標的固定能力は、盾職随一を誇る。
極楽作戦が成り立つのは「陽動・改」があってこそ。
しかし、鍛冶屋の生命線でもある青▲維持。爆発的に防御力を向上させるする能力は弱い。
この欠点は、以前であれば「下組み鎧」である程度はカバーできたが、
パワーインフレの加速によって効力が低下しつつある。
対人B+
近接物理相手なら滅法強い。
主流の陰x鉄コンビでは防御力を下支えとした持ち前の盾能力が生かしにくい。
挑発・弐よる釣りわけが可能、サポート技能と滅却盾の武士道に軍配が上がるか。
狩りA
「憤怒の心」を得、攻撃能力と盾能力を兼ね備えた「刀鍛冶」の台頭が気になるとことではあるが、
修理技能と安定した盾能力を兼ね備えているため、枠そのものはまだまだある。
ソロ、少数B+
「下組み鎧」のお陰でタフ。イメージ以上にソロに向いている。

2011y06m13d_152236921.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 総評 絶対的な要塞としての地位は陥落。

争覇の章 「中期~後期」  新星の章「第一陣」までを代表する盾職。
「陽動・改」における標的固定能力。「下組み鎧」による盾能力を兼ね備え、
ゲーム開始時から求められてきた盾への理想像を具現化したような特化であった。

しかし、この絶対的な地位も揺らぎつつある。

kp耐性が低く、青▲維持する能力が低い。瞬間的に防御力を上げる能力に乏しいのが鎧之取扱の欠点。
以前であれば、「下組み鎧」である程度はカバーできたがパワーインフレの加速と共に効力がダウンしつつある。

従来と同様に高いレベルでの標的固定、守護率が期待できるだけに
青▲が維持できない場面で簡単に崩されてしまうケースがでてきた。

武士道との相性が悪いところも気になる。
固定分散が得意な武士道と組めば、青付与維持の欠点のカバーが期待できるが、実際にはうまくいかない。
防御を上げる盾鍛治屋と、標的固定分散と滅却を張る武士道とは、守護関係が一方的な関係になりやすいためだ。
武士道が標的固定の分散をしても、その対象まで守護してしまう。

絶対的な地位であるとはいえなくなったが、依然として優秀な盾職であることには変わりない。
しかし、近年ではこれといった調整も行われていないため、最新のボスであると対処しにくいケースがちらほら出てきている。
今の実情に沿った調整が行われると持ち前の能力を再び発揮できるようになるはずだ。

2011y06m13d_151945031.jpg

あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。