ブログパーツ ばるさん 2011年06月






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【新星の章・第三陣導入時】 「密教秘術」通知表

筆者の環境:レベル50くらいまでは育てたことがあります。

■基本データ

■プレイヤー人口:B

●育成タイプ:晩成

●ステータス成長率:生命A 気合B 腕力C 耐久B 器用さE 知力B 魅力E
●スタイル:妖術の扱いに長けたサブ回復職
●オススメ初期振り:耐久知力魅力

技能覚醒項目生命気合腕力耐久器用知力魅力属性
初期覚醒項目400
60
20
隠し覚醒項目700
20
9050
1100809070


2011y06m30d_085000390.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■第三陣まででの強化・弱体要素。

【強化・9月】 孔雀明王儀軌:待機時間短縮(15分→5分)
【強化・2月】 蓮華・全体蓮華の回復量増加
【強化・2月】 知拳印・参:回数の増加
【強化・2月】 孔雀明王法:効果時間の延長
【強化・2月】 軍荼利明王法:新技能。対象の術攻撃への耐性を上げる。*一回で50%上昇
【マイナス要因・9月】 破紋乱射の弱体


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「技能覚醒育成」指導方針

技能名オススメ度覚醒項目備考
廻向の印・弐
威力20 ウェイト2 消費気合10 知力10主砲。表だけでも埋めておきたい。
軍荼利明王法付与時間20 ウェイト2 消費気合10 魅力10周天法持ちに有効。隠しも魅力で◎
八大明王秘呪ウェイト4 消費気合10 成功力10 知力10ボスNPC戦で非常に有用。キャップは2万。
孔雀明王法生命力20 知力10ステータス確保用
*孔雀明王儀軌
OR
*双戒陀羅尼
ウェイト4 生命力20
威力20 魅力20
ステータス確保用。
愛染明王法効果時間10 消費気合20 成功力10 魅力10あるとなにかと便利。


2011y06m30d_085603937.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■項目別評価

評価項目評価コメント
対NPC
B+~A
「八大明王秘呪」はインフレの加速する強ボスNPC戦では非常に有効。
永続周天法持ち対策に「軍荼利明王法」が追加された。
ただし、「2月アップデート」の強化で薬師1枚である程度回復が回るようになってしまったため、
忍秘術、秘伝忍法といった強力なサポート能力所持する職業と枠を争うようになってきている。
対人B+~A
「極楽浄土」対策として有用な「破界」があるのが強み。
「孔雀明王法」は周天法を使わせるだけでも価値はある。
「懲悪」は相手によってダメージがばらつきがある上、2000では相手の回復で相殺されてしまうため、
以前ほどは有用ではないかもしれない。
狩りC+
共通技能に「是正滅法」が追加され、妖術攻撃能力のある回復職という個性が薄まった感がある。
「霊縛秘呪」のようなスリップダメージでは狩りでは使いにくい。
「飛天発遣撃」を得て確殺圏内の広がった「僧兵之武」。「冥利」を所持する「仏門」と比較すると
アピールできる要素は弱いといえる。
ソロ、少数C+
評定軍事は「是正滅法」からの「霊縛秘呪」+「廻向の印・弐」などで可能。
少数徒党でも十分活躍できる。

 
2011y06m30d_090033031.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 総評 「妖術攻撃」能力は制限され、「妖術の専門家」から「妖術受けの専門家」へ路線変更されつつある。 

元々の特化のスタイルは、「紅蓮法輪」や「凍気法輪」などに代表される「妖術攻撃能力」。
「孔雀明王法」に代表される「妖術受け能力」の攻守を兼ね備える「妖術の専門家」であった。

近年では「妖術攻撃能力」方面での強化は制限を受けたものが増えてきている。
一つにはサポート系統の職業で修羅装備では何かと不便になる。忍秘術も同様に路線変更がされている。
また、役割の徹底で、サポート職に強力な攻撃能力を持たせない方針があるようだ。

反面強化されてきているのが、「妖術受け能力」

「孔雀明王法」
  • 消費気合変更(最大気合の50%→1500)
  • 効果時間延長 150秒→約200秒
「軍荼利明王法」
  • 対象の術攻撃への耐性を上げる。一回で50%上昇。

苦手であった周天法対策技能も追加され「妖術の専門家」から「妖術受けの専門家」への路線変更がより鮮明となっている。
ただし、忍秘術も同様の強化がされ、サポート能力をそのままに「物理耐性低下能力」も所持している。
「効果時間」や「軽減率」だけではアピールはしずらい。
「忍秘術」との「明確な差別化」ができるかが今後の課題となりそうだ。

2011y06m30d_090833765.jpg



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。