ブログパーツ ばるさん 2011年04月23日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第7回素戔嗚「2日目」

お茶「僕と契約して、上覧戦士になって欲しいんだ」
お茶「僕は、君たちの願いごとをなんでもひとつ叶えてあげる」
お茶「なんだってかまわない。どんな奇跡だって起こしてあげられるよ」

ばると「すべての信ONプレイヤーを僧兵にして!特化争いの無い世界に改変してよ!!」

お茶「無理だ。それは僕の力の及ぶことじゃない」
ばると「そんなの絶対おかしいよ!」

まぁ、全部嘘です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■第7回素戔嗚「2日目」

本日はメンバー方が遅れてくるとの事で、それまでは観戦をすることに。

観戦中、押し出しさんの所で「討伐指揮」というワードが飛び交うのが印象的でした。
理由を尋ねると、「一点突破」と違い、準「狙撃」属性で使い勝手の良さが光るとのことでした。
封じるにも混水模魚しかないという最上位の標的固定技能でもあります。

今後、対人のバランス調整が行われるとすれば、「標的固定の優先度」が最大の焦点となるのかもしれません。

■第一試合 勝ち○

2011y04m23d_093723281.jpg

陰陽師x2密教という妖術主体のチーム。
味方の陰陽道さん狙いできていましたが、「呪禁法・弐」は頼もしいですね。
ある程度攻撃を分散する事が出来ました。


■第二試合 勝ち○

2011y04m23d_093736625.jpg

鉄・演舞・陰陽師という火力型。
一進一退の攻防が続きましたが辛くも勝利。

この日は、お茶さんが暗殺>修験と守備よりの構成に変更。
気になったのは思ったよりも回復よりで呪詛を使用しないケースが多かった事。

「修験法力」といえば、相手に呪詛をかけることで行動に制限を与える「攻め」の特化ではあったのですが、
「2月アップデート」では「護鬼法力」の二者化という「受け」での強化がされていることが印象的でした。
NPC戦だけではなく、対人の方でも、呪詛の有効性<回復になりつつあるのかもしれないですね。

■本日の結果。
2011y04m23d_001657125.jpg

2-0で、トータルを五分に戻しました。
自分が理想とする「攻め」の僧兵スタイルはできるのか!?挑戦は続きます。

あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト
[ 2011/04/23 11:24 ] 【日記】 上覧 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。