ブログパーツ ばるさん 2011年03月26日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「交流ツール」としての、ツイッター

「ツイッター」は、「東日本大震災」で家族・知人との安否確認の有効な連絡手段として使用されました。
今、「交流ツール」として「ツイッター」が注目されています。

コーエーテクモゲームスさんでも、公式「ツイッター」の方で広報さんが
サーバー移設作業の経過の連絡や、ユーザーからの意見の対応などに利用されている事で
ブログ上でも話題になっています。

広報さんとユーザーのやり取りのまとめは、togetterでべるさんがされています。
コーエーテクモ広報さんのチャレンジ

togetterは、「ツイッター」上で挙がった話題に関する一連の発言・やり取りをまとめたサイトです。
「ツイッター」の欠点でもある情報が断片になってしまうという点をカバーしている特徴をもっています。
「ツイッター」をこまめにチェックするのは性にあわない方でも、読み物としても楽しめるのが売りです。


ユーザーと開発チームの方で直接やり取りする/できてしまうのは好ましくないとは思います。
ゲームを開発するのが専門であって、対外的な対応を専門とする部署ではありません。
予期しないトラブルに発展する可能性が高いからです。
おそらくですが、社則またはローカルルールで禁じられているのではないでしょうか。

ですが、広報さんという緩衝材?を通してですが、
今までは難しかったユーザーとメーカーさんとの繋がりができるわけですから、
新しい時代の交流手段として「ツイッター」は重宝されていきそうです。

ただし、「ツイッター」が重宝されるほど、広報さんには負荷がかかってしまいます。
「ツイッター」はあくまでも道具ですが、「ツイッター」を利用・運営している中身は人間です。
その点も考慮にいれた上での利用が大切です。

あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト
[ 2011/03/26 15:30 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。