ブログパーツ ばるさん 2011年03月21日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

素人が考える電力不足問題②

「娯楽」に関する世間の目の厳しさは、プロ野球のセリーグ開幕問題をみるに十分にうかがい知れます。
『信長の野望online』を含む「オンラインゲーム」という「娯楽」のサービス再開も当面は難しそうです。

「娯楽」の完全解禁。再び楽しめるようになるには、東京電力の「電力不足問題」の解決の目処が立ってからでしょう。

前回の記事では、「どうして電力不足問題が発生したのか」という点について触れました。
東京電力の総発電力、6266、3万kw中、882、6万kw(全体の14%)を占める、
福島第一原子力発電所/福島第二原子力発電所が東日本大震災の影響で操業停止となってしまい、
電力供給に支障が出てしまった事が原因でした。

今回は、如何にして全体の14%を賄っていた福島原子力発電所の電力を補えるのかについて考えてみます。
東京電力の発表によると、

・発電事業を展開するメーカーなどIPP(電力卸供給事業者)からの電力買い受け量を増やす。
・休止中の火力発電所の再開。ガスタービンを使った火力発電所の新設。

といった2本柱による電力不足解消への取り組みを発表しています。

運転休止中の火力発電所を次々稼働へ 東電
火力を復旧・増強=計画停電、来月終了目指す―東電

今後は、火力発電を中心とした再建策が模索されているようです。
ここで疑問に思われる方が多いと思います。
他の発電手段ではダメなのか?と。

自分が子供の頃は「太陽光・風力発電」といった環境にやさしい新エネルギーに注目がされました。
ですが、現在主要な発電手段とまでは達していません。
そこで、発電コストに注目して、簡単に調べてみました。

発電方式別の発電原価試算結果(1kWh当たりの発電費用)

発電方式発電単価(円/kWh)設備利用率(%)
水力8.2~13.345
石油10.0~17.330~80
LNG(天然ガス)5.8~7.160~80
石炭5.0~6.570~80
原子力4.8~6.270~85
太陽光4612
風力10~1420


経済産業省、エネルギー白書 2008年版(2008)

太陽光発電は飛びぬけて発電コストが高い事がわかります。
水力・風力発電のように広大な用地を必要とする発電所もコストが高めです。
コスト面を解決できない限り、新エネルギーは主要エネルギーの位置に立つ事はできないようです。

原子力発電は、コスト面、CO2を排出しない事で世界的に注目されてきていました。

アメリカの覇権時代が終焉を向かえ、
BRICs(ブラジル/ロシア/中国)、VISTA(ベトナム/インドネシア/南アフリカ共和国/トルコ/アルゼンチン)
といった新興国が台頭、世界中が「豊かになろう」を原動力に発展しつつあります。
より、消費型社会が加速する事が懸念されています。

環境問題。食料問題。エネルギー問題。

このような世界の状況を考えると石油を使用した発電は極力避けるべきです。
石油よりも比較的埋蔵量の多いウランを使用した原子力発電に注目が集まっていたわけです。

ですが、今回の「東日本大震災」による福島第一原子力発電所/福島第二原子力発電所の
事故を受けて、原子力へのイメージは大幅にダウンしてしまうことになりました。
日本では、東京電力の方針をみる限り、火力発電への回帰といった兆候もみられています。

当面の電力不足問題は解消できても、将来的なエネルギー問題への解決とはなりえないのが
「火力発電」の致命的な問題として今後指摘されていきそうです。
また、ガスタービンを使った火力発電所増設の関係で電気料金の値上げ等、
生活にも直接影響を受ける事になりそうです。

あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト
[ 2011/03/21 13:18 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。