ブログパーツ ばるさん 2010年12月15日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【新星の章・第二陣対応】 「神通霊力」通知表

*通知表シリーズの【新星の章・第二陣】対応版です。
*第一陣に引き続いて「田北鎮周」先生責任監修です。
*当ブログの独自の主観による評価です。参考程度にとどめて皆さん各自で本当の評価をしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■基本データ

●ステータス成長率:生命D 気合C 腕力D 耐久C 器用A 知力C 魅力B

●スタイル:全体生命付与や、神通活力など事前に行う事で徒党を安定させる予防策的な回復技能を得意とする薬師。攻撃妖術にも長けている。

●オススメ初期振り:耐久知力魅力をお好みで。

●技能覚醒ステータス項目:生命1200 気合400 腕力- 耐久- 器用- 知力70 魅力70 属性20

●育成タイプ:普通。

2010y12m15d_042506234.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■第二陣での強化・弱体要素。

【強化・9月】 活宿命功法:継続回復量増加。
【強化・9月】 神霊蘇活:待機時間10分→5分
【強化・10月】 神通活力:対象の生命力を少量回復

2010y12m15d_042934078.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■育成指導方針

技能覚醒:★神通活力、◎神霊天寿通、◎雷神衰滅、○金輪の法
装備:知力魅力

2010y12m15d_043209171.jpg

■項目別評価

評価項目コメント評価
人型NPCボス全体看破の使用率が異常に高いのがキツい。「神通活力」だけではしのげない場面も多々ある。
「人取橋」試練四のような共闘ボスのような構成を縛られる戦闘も苦手。
B(↑)
非人型NPCボス属性術を得意とするNPCが多いため、余裕がある場合は「金輪の法」でダメージの緩和が出来る。
「医療杖術」による回復量の底上げもあるため、難易度は下がってきている。
A(↑)
徒党対人戦「雷神衰滅」は警戒されないので意表をつく事はできるものの、
基本、全体看破が飛び交い、詠唱がない状態で戦う事になる対人戦では
「救護」を持つ「高等医術」、「呪詛」を得意とする「修験法力」に対抗するだけの手段が無いのが現状。
C(↑)
徒党狩り薬師の中では攻撃能力を持つため狩りには呼ばれやすい。B(↑)
ソロ・少数狩りソロでは「神通活力」のお陰で「属性丹」を投げながら回復も可能なため適性はある。
少数徒党では、攻撃参加も回復も可能と器用さが光る。
A(↑)

2010y12m15d_043654437.jpg


■第二陣・総評 プレイヤーの生命力が増えるほど価値が下がってしまう特化。

「第一陣」通知表でも触れましたが、
「神通霊力」は、「活身」や「生命力付与」など事前に行う事で徒党を安定させる予防策的な回復技能に特化しているスタイルです。
反面、瞬間的な回復能力に乏しく、詠唱がない状態での不安定さはメイン回復としては欠点でした。
「10月アップデート」では「神通活力」に救護効果が追加されこの点の不安さはやや解消されています。

しかし、これでは根本的な問題は解決されていません。
「神通霊力」のコンセプトはプレイヤーの生命力が低い時代に考案されたものです。
現在のように高生命力の時代には対応、考慮がされておらず、価値が下がってしまう特化です。

例えば、「活身四」は毎分650~700生命継続回復状態になります (*寄り合い所調べ)
生命力3000の時代の650~700は全生命力の21,6~23%に相当しますが、
生命力7000の時代になると、650~700では9,2%~10%に低下してしまいます。


以上のようにプレイヤーの生命が増えれば、増えるほど技能の価値が下がってしまうわけです。

今後もプレイヤーの生命力は増加する事はほぼ確実でしょうし、「神通霊力」には抜本的な変更が必要です。
そこで改善案として挙げたいのは、
「活身」継続回復状態や「神通活力」の行動回復状態に、「対象の生命力」依存で回復効果を加算する案です。
このようにすればプレイヤーの生命力が増えても技能の価値が低下する事はありませんし、
「全体生命力付与」といった技能も蘇る事になります。初手「神霊天寿通」で大幅に徒党が安定する事にも繋がります。

2010y12m15d_045354703.jpg

あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。