ブログパーツ ばるさん 2010年12月08日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【新星の章・第二陣対応】 「陰陽道」通知表

*通知表シリーズの【新星の章・第二陣】対応版です。
*第一陣に引き続いて「田北鎮周」先生責任監修です。
*当ブログの独自の主観による評価です。参考程度にとどめて皆さん各自で本当の評価をしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■基本データ

●ステータス成長率:生命E 気合S 腕力E 耐久E 器用D 知力S 魅力A

●スタイル:属性妖術のスペシャリスト。術メインアタッカーに適正がある。

●オススメ初期振り:耐久・魅力

●技能覚醒ステータス項目:生命1300 気合600 腕力- 耐久20 器用- 知力110 魅力60 属性40

●育成タイプ:やや晩成

2010y12m08d_062933078.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■第二陣での強化・弱体要素。

【強化・9月】 集気方術:物理耐性低下20%効果の追加。
【強化・9月】 森羅天翔:物理耐性低下20%効果の追加。
【強化・9月】 万物化生:待機時間10分→5分へ変更。
【間接的弱体・9月】 破紋乱射(*忍者共通技能)の弱体:瞬間火力を出しにくくなった。

2010y12m08d_063716812.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■育成指導方針

技能覚醒:★森羅天翔、◎万物化生、○呪禁法・弐。○千紫万紅、○属性術はお好みで
装備:属性・知力が多いものの、属性・魅力も面白い。

2010y12m08d_064045875.jpg

■項目別評価

評価項目コメント評価
人型NPCボス破紋乱射の弱体の影響は決して小さくは無いものの、
「万物化生」の待機時間短縮によって沈黙の霧に強くなった。
「呪禁法・弐」+「変わり身挑発」といった新戦法による「術受け」としての役割にも注目されつつある。
S(→)
非人型NPCボスメインアタッカーとしての適正は高いのでどのボスNPCとも対等に戦える。
ただし、属性術を主要攻撃手段としているだけに、
「四象」の影響を受けやすく、特定の属性に耐性のあるボスもいるため。
属性装備の選択という点には注意したい。
A(→)
徒党対人戦鉄砲鍛冶の台頭が注目されるものの、
必中で高火力を誇り、死ににくい陰陽道は依然として主砲の一角を占める。
A(→)
徒党狩り単体で放てる最大火力を誇る全体術を持つが、破紋乱射の弱体は痛い。
ウェイトの早い物理アタッカーが強化された事で徒党枠争いは混沌としてきた。
A(↓)
ソロ・少数狩りタイマンでは「呪禁法・弐」を持つ事で、「高位召喚術」に対抗できる存在。
少数徒党では、燃費の悪さがネックになるか。
B(→)

2010y12m08d_064439593.jpg


■第二陣・総評 「万物化生」の修正で、メインアタッカーとしての適正が更に高まった。

破紋乱射の弱体を受け、瞬間最大火力を出しにくくはなったものの、依然としてメインアタッカーとしての適正は高い。
毎ターン安定したダメージを出し続ける砲台としての役割がメインアタッカーに求められるからだ。

その点を考慮すると、必中の妖術攻撃。「結界」、「呪禁法・弐」を持ち技能覚醒で生命項目が多い事で死ににくい。
といった特徴を持つ陰陽道がメインアタッカーとしては飛びぬけいている存在。
下手に有用なサポート技能を持たない事も役割遂行にプラスになっている。

また、地味な修正ではあるものの、「万物化生」の待機時間の短縮は非常に大きな変更。
中盤~終盤にかけて「沈黙の霧」を恐れる必要が無くなった。
攻撃を阻害される要素が減った事でメインアタッカーとしての適正が高まったといえる。
この事により、従来は属性・知力装備が主流であったが、属性・魅力といった装備の選択肢も出来るようになった。

2010y12m08d_064840328.jpg


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。