ブログパーツ ばるさん 2010年11月15日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1丹=100分はもう長すぎる!

参考:週刊ファミ通NO.1145

11月11日に発売された週刊ファミ通NO.1145に
「ソーシャルゲームがキテる!」という興味深い記事が掲載されています。

ここ数年で急速に成長を遂げているソーシャルゲーム市場を特集した内容となっています。
国内では、GREE mixi モバゲータウンといったSNS会社がいずれも2000万人以上の会員を誇り、
提供されるゲームは数百万ユーザーと、華々しい数字が並んでいます。

そういった成功を収めているソーシャルゲームの成功の秘訣をその記事では分析しているのですが、
自分が注目したのは、「ソーシャルゲームユーザー意識調査アンケート」という項目です。
ソーシャルゲームユーザー300人から取ったそうなので、それなりに信憑性のあるであろうアンケートです。
以下に一部を抜粋。

Q1 ソーシャルゲームを遊んでいる理由・目的は?

・ちょっとした時間でたのしめるから  88,3%
・無料だから                 82,3%
・友だちができるから            16,3%
・ゲームがおもしろいから          50,0%
・その他                          1,3%

Q2 ソーシャルゲームの一日あたりのプレー時間は?

・10分未満                       17,0%
・30分未満                       38,0%
・1時間未満                      21,3%
・1時間以上                      23,7%


この2つの設問に、ソーシャルゲームの人気の原因の理由がほぼ出ているように思えます。
「短時間で楽しめる」ことが求められてきているようです。
この事はソーシャルゲームだけではなく、他のゲームにも言える事ではないでしょうか。
『信長の野望online』も例外ではないと思います。

現在のニーズを照らし合わせるとなると、1丹=100分というのは長すぎるわけです。
党員の募集も時間も含めれば20~30分加算すると2時間前後。
1丹=100分というのは広く受けいられてきた単位ではありますが、
上のアンケートで言えば1日に1時間以上(ソーシャル)ゲームで遊ぶ方は 23,7%しかいないわけです。

今の流れに対応するのであれば、1丹=100分という概念を取り払って、
一日30分未満で遊べ変化を感じ取れるコンテンツの拡充が必須です。
そう考えるとTDや、かわら板は非常に惜しいのですよね。
発想は良いのですが、前者は雑魚狩りがメインであったり、後者は技能覚醒が入らない問題があります。

とはいえ、すべて短時間にしてしまうと内容が薄くなってしまいます。
忙しい時は1丹ではなく、短時間で済ませる事ができる。
時間がある時はがっつりボス戦。こういったバランス配分が理想でしょうか。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
[ 2010/11/15 04:33 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(6)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。