ブログパーツ ばるさん 2010年10月05日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

術忍の優位性

*今回の記事はあくまでも自分個人の考えに過ぎません。人それぞれ多様な意見があるべきです。
定説でも、これが100%正しい意見である訳では決してありません。
いくつかある意見の内のひとつとしてお読みください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「新星の章」からは、破紋乱射が大幅に強化されました。
この事により、陰陽師の術攻撃能力を最大まで引き上げることが可能となりました。

メインアタッカー(陰陽師)を一人据えて、サポーター(忍者)がその能力を引き出す徒党編成の型の登場し始めます。
エース型徒党とでも呼べばよいのでしょうか、
この型の特徴としては盾2回復2といった編成も可能となり、職業・特化の役割を生かす効果があります。

ですが、致命的な問題点もありました。この型は術アタッカーでしか成立しないことです。
物理メインアタッカーの出番を奪ってしまうことになりました。

結局、9月アップデートで破紋乱射が弱体されたのも、物理メインアタッカーの居場所を奪ってしまったからでした。
そこで、コーエーさんから新しく出された提案が、物理と術アタッカーの共存でした。
物理と術アタッカーのメイン攻撃技能に耐性低下効果を付ける事で共存を図る。
また、必中であり、阻害される要素の少ない術とのバランス調整で物理アタッカーの主要技能のダメージも引き上げられました。

物理アタッカーをメインアタッカーに据えたエース型徒党も選択肢の内のひとつとして組み込まれることになったわけです。
物理型のエース徒党を編成する上で、優位性が高まってきているのが、「術忍」です。
「夢幻死蝶」の物理耐性低下効果が25%へ引き上げられたことが非常に大きいです。
ダメージを引き上げられた物理アタッカー職よりも、重要な調整だったとも言えます。

強化された物理アタッカーの火力を最大限まで引き出すことができるキー職となったからです。
以前の「破紋乱射」役の立ち位置のように物理型のサポート枠に入り込む事が可能となりました。

全体看破、痺れ、沈黙といったメインアタッカーに攻撃を集中させるサポート能力を持ちつつも
物理耐性低下能力を持つ唯一の存在となりました。

今後はこの事が問題になるのかもしれないです。
物理型のエース徒党を編成する時には、それだけの優位性が術忍にはあるように思えます。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/10/05 02:12 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(8)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。