ブログパーツ ばるさん 2010年05月10日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「斧」装備はどこへ消えた?

根強い人気を誇る「不似合大刀」
2010y05m10d_040927734.jpg

「新星之仕立書」でグラフィックを変更しようとされた方も多いとは思うのですが、
よく見ると装備種類が「斧」となっています。
「新星之仕立書」は同じ装備種類でなければできないため、
現在主流である刀剣の種類である「刀」では仕立て直せないわけです。
楽市楽座で献策してみても「斧」装備は見かけません。
「斧」装備はどこへ消えたのでしょうか。

►「斧」装備はどこへ消えた?

気になって寄り合い所で調べてみると、
「破天の章」が最後で、「争覇の章」以降は「斧」装備が生産目録に追加されていないことがわかりました。
どうして「斧」装備は消えたのか、何かしら理由があるはずです。
そこで基本データを参考に、自分なりに仮説をたててみました。

基本データ
*「斧」装備が破天までの生産品しかないため、
比較対象として、「刀」も破天での最高性能品と比較しています。

刀(破天での最高性能63) ウェイト3 命中補正+2 回避補正+2 物理耐性 0 妖術耐性+10
2010y05m10d_041233046.jpg

斧(破天での最高性能68) ウェイト4 命中補正-2 回避補正 0 物理耐性+5 妖術耐性 0
2010y05m10d_041159234.jpg


►仮説
①装備データや、グラフィックを作る手間を省くため。
②「刀」よりも「斧」はウェイトが1大きい事で採用されることが無くなってきた。
③「斧」での明確な個性を作ることができなかった。


やはり、理由としては②③が大きいのではないでしょうか。
「刀」と「斧」を装備として採用するのはほぼ武芸伝の方です。
二刀流を考慮に入れると、
物理系近接攻撃時に左手装備品の武器ウェイトが加算される仕様があります。
また、左手装備のウェイト修正値は適用されないためw-を装備しても
「斧」が「刀」よりもウェイト面では勝ることができません。

ウェイト
刀・二刀流
刀・二刀流(右手w-)
斧・二刀流
斧・二刀流(右手w-)
刀・斧・二刀流
刀・斧・二刀流(右手w-)

ただし、攻撃力や命中回避補正以外に面白い個性が「斧」で発揮できる仕様があれば、
「斧」も現在まで生き延びることができたのかもしれないです。

これは「剣」や「手槍」「打鞭」にも言える事ですね。



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/05/10 04:19 ] 技能・仕様 検証 | TB(0) | CM(6)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。