ブログパーツ ばるさん 2010年04月22日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この際、「独眼竜の野望」は「開かれた形でのルーム(部屋)」制にしたらどうだろう!

2010年4月28日に実装される「四月アップデート」では「一門」に関連する修正が予定されています。
特に問題が多かった「独眼竜の野望」の侵攻型ダンジョンに対する修正が目立ちます。

これでもまだ「独眼竜の野望」の侵攻型ダンジョンの敷居は高いです。
気軽に参加~とは言えません。「閉ざされた形でのルーム(部屋)」制だからです。

そこで思いきって「開かれた形でのルーム(部屋)」制にしたらどうだ!
という意見提案が今回の記事の目的です。


►概要

・クエストの内容は据え置き。
・挑戦できる形式を「個人」と「一門」に変更する。
・「個人」と「一門」が、「ルーム(部屋)」を開くことができる。
・侵攻状況は「ルーム(部屋)」を開いた「個人」と「一門」に準拠する。
・「ルーム(部屋)」での侵攻状況は依頼欄に「個人」と「一門」に保存されるが
「ルーム(部屋)」そのものは1週間で解除とする。

・属国を除く、すべての町の入り口にNPCを配置。
・現在開かれている「ルーム(部屋)」の一覧の確認ができるようにする。
・そのNPCから現在開かれている「ルーム(部屋)」を通して、
直接「鬼門比叡山」「松島」へ移動できるようにする。
・「ルーム(部屋)」が党員募集をしていれば、参加申請をすることができる。
参加申請を「ルーム(部屋)」主が認可すれば参加が可能となる。


*「一門ダンジョン」から「ルーム(部屋)」への以降。これで格段に参加しやすくなると思います。
ただ、これだとゾンビアタックも可能となるので、一度墓地へ飛んだら5分ほど再入場できないとか、
縛りは必要かもしれません。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/04/22 01:09 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。