ブログパーツ ばるさん 2010年03月15日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「一門の問題」の源泉をぶった斬る!



ここのところは大きな話題にならなかった「一門」ですが、
特設サイトで「一門所領」の情報が公開されてから一騒動となっています。

特に問題になってきているのが「一門」が「生産」に関わってくるという点です。
生産はこのゲームでも重要な要素のうちのひとつです。
高ランクの大所帯の一門に所属していなければ、
上位生産はできないのではないかという「疑惑」が起こっています。

この「疑惑」が引き金となって、反一門である方々の逆鱗に触れたのが、
今の騒動の最大の原因となっているのだと自分は考えています。

自分はあくまでも「疑惑」に過ぎないと思います。
生産方法は別に用意されてはいると考えるのが自然です。
そもそもコーエーの情報公開の仕方がまずかったともいえます。
ですが、「疑惑」は騒動となった引き金になったに過ぎませんが、
騒動の根本となる部分が別に存在しているわけです。
今回はその部分について考えてみたいと思います。


一門というシステムは
元々目には見えないものの存在していた仲間内のグループを目に見える形にしたものです。

反一門の方々でも仲間内のグループそのものを否定する方は、まずいないと思います。
そこまでしてしまうと人間関係の否定になってしまうからです。

なんで一門が嫌がられるかと言えば、
目に見える関係となり所属する事で
システム的なメリットを受けてしまうようになったからです。


一門に所属することでグループ内の人間関係も発生しますし、
行動を縛られることも多いです。そういう縛られることが嫌なプレイヤーは決して少なくはないです。
これもひとつのプレイスタイルですし、このスタイルを貫いてもプレーできるようにするべきです。

ですが、一門に所属していないと生産ができないとか、新ダンジョンに挑めないとなってしまうと
そのスタイルを貫いてプレーする事は非常に困難になってしまいます。

プレースタイルを強制してしまいかねない危険性を「一門」はもっている。
この点がアンチ一門の方の大きな不満となっているのです。


►理想は、一門派と反一門派の共存

だからといって「一門を無くしてしまえ」というのは極論です。
一門という関係に所属するプレイスタイルを好んで選んでいる方も存在するからです。
そういった方のプレイスタイルの否定となってしまいます。

コーエーがそもそも一門というシステムを導入したのかと言えば、
引退する理由に一緒にプレーしてきた仲間が引退や休止でいなくなって
さびしくなってやめてしまうプレイヤーが多いため、
それを防ぐためにグループ作りをしようというのが目的で導入したのだと思います。

一門というシステムに一定のそれらの効果を期待できる機能はあります。
ですから、理想としては2つのスタイルの共存です。
各プレイヤーの意思で両者のスタイルを自由に選べるようにすべきです。

そこで重要となってくるのは、
一門に所属することで得られるメリットから
ゲームの根幹となる機能の部分を排除することです。


一門に所属しているとメリットはあるけども、
所属していないとできないってことを作らないことが大事です。

具体的に言えば、
一門に入っていなくても上位生産の材料を入手できる手段を作る。
「独眼竜の野望」に挑戦できるようにするなどです。

現時点ではすべての仕様が判明していないので言い切れない部分はありますが、
この点をきっちりと抑えてあれば、両派の共存はできると思います。

新章に突入してこの点がどうなっているのか判明してからが、本当のスタートでしょう。
今はやきもきするでしょうが静観する時期です。判断するのは早すぎます。


・・・・・・・・・・・・・・・切り取り線・・・・・・・・・・・・・・・

【追記】
*今回の記事は「一門をぶった斬る」という話ではありません。
一門問題の源泉の分析をすることが主題です。

源泉の分析をした上で、自分が考えた主張は
「一門にメリットはあってもいいけども、
一門に所属しなくても新仕様を一通り遊べるようにするべきだ」
といったことで一門所属するしないはシステムに強制されるんじゃなくて
個人個人で選択するのが理想だと考えています。

ややこしいタイトルになってしまったり、
わかりにくい文章なのは自分の文章力の無さ故の落ち度です。ごめんなさい。



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/03/15 00:22 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(10)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。