ブログパーツ ばるさん 2009年12月16日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

沈黙における、「適正」知力論の「正体」


未だ結論の出ない「適正」知力論。


沈黙に必要な知力はどれだけ必要なのか?、
いわゆる「適正」知力論です。

この話は数年前から論議されていますが、未だに結論が出ていません。
コーエーから、沈黙の正確な仕様が公表されてはいないからです。

現時点で判明しているのは沈黙が知力依存であり、
成功率にキャップが存在するということだけです。

・今回は「適正」知力論の「正体」について語ってみたいと思います。
沈黙と知力の関係についての検証ではないので、その点はご理解ください。



仮説。

・「沈黙」の成功率にはキャップが存在する。

この事から、自分はある仮説を立ててみました。

・成功率が100%にはならないことから、
錯覚や思い込みが発生しているのではないか。

仮に、成功率の上限が80%だとしましょう。
知力450で成功率の上限である80%に到達するNPCボスが居たとします。

Aさんという知力サポート役がその敵に挑戦します。
知力は薬込みで500。成功率は450を上回っているので80%です。

ところが戦闘中死んで知力450にダウンしたとします。
それでも80%は沈黙が刺さるわけです。

戦闘中に死ぬことは印象に強く残ります。
それでも沈黙の成功率に変化が無いため、より印象に残るわけです。

その印象が起こす錯覚こそが 、
自分が考える、「適正」知力論の「正体」ではないか

考えています。


「適正」知力論の「正体」。

発生の原因>公式から正確な仕様の発表が無い。

Ⅰ・沈黙の成功率は知力依存だが上限がある。
Ⅱ・上限が設定されているため、確率論となり錯覚や思い違いが発生しやすい。
Ⅲ・印象に強く残ったことをチャットや、ネット上で書き込まれる。


Ⅰ~Ⅲ、これが「適正」知力論の「正体」でしょう。
確率論であるが故に結論が出ないのだろうと思います。


<追記>
コメントで間違いがあることをご指摘いただいたので、
その点を踏まえ、加筆・修正いたしました。
れもぽんさん、百さん、ありがとうございます。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2009/12/16 12:09 ] 【コラム】 | TB(0) | CM(4)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。