ブログパーツ ばるさん 2009年10月16日






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

0からはじめる「矛僧兵」講座①基礎知識編。

この記事は、0からはじめる「矛僧兵」講座、
基礎知識編(今回)>育成編実践編
の1つ目です。

このブログは僧兵ブログを名乗ってるんですが、
よくよく見直したら「僧兵」に関することがほとんど触れてないことに気がつきました。
今更感がありますが、これから「僧兵」はじめようかという方にむけてのシリーズをしてみたいと思います。
今回は初回ということで「基礎知識編」からいきます。

【基本データ】

僧のステ上昇率 腕力C 耐久B 器用E 知力B 魅力E

データ元『信長の野望オンライン寄り合い所(本陣)』

特化技能
特化1 罰当たり・四 悪霊退散 禅 因果応報
特化2 僧兵連撃 極楽浄土・改 十二天護法撃
特化3 大喝 悪霊退散・弐 魂砕撃 仁王弁慶
特化4 悪霊殲滅 金剛力 阿修羅槍
特化5 捨身虎牙 閻魔撃 羅刹滅定槍 極楽定印


Q・そもそも僧兵ってなによ?
A・僧侶の特化の一つで、物理攻撃に特化した回復職です。
勘違いされることもありますが、攻撃特化ではないでそこは注意です。
攻撃、回復、サポート技能が一通りそろっていることから「勇者」職とも言われています。
ただ、オンラインゲームだと「勇者」職は他の職とのバランス上、
能力が専門職に比べると控えめであることが多いです。
僧兵も同じようなものだと考えてもらってもいいです。

Q・僧兵って徒党枠あるのかな?
A・かつてはその万能性が災いして「炭山の炭鉱」というイメージがありましたが、
数度の強化パッチを経て、狩り時の回復枠、凶イザボスでの極楽枠として人気があります。
その特化スタイルゆえに、人型NPCボスや徒党対人戦は需要がないです。

Q・僧兵の初期振りに悩んでいるんです。
A・僧兵は大きく分けて、矛僧兵盾僧兵に分かれます。
目指す方向性で足りないステータスを初期振りで補いましょう。
どの職にも共通なのですが、付与限界というシステムがあって、
職ごとに付与値の限界が決められていてその限界を超えると二分の一の値で加算されます(*1)。
なので、付与限界の来る重要ステに10振るのがオススメです。
矛なら腕力10、盾なら魅力10、回復職なら知力10。
矛僧兵であれば、腕力10ダメージ安定のために器用8あたりがいいですね。
盾僧兵であれば魅力10、残りを耐久でしょうか。

(*1) 例 付与限界200のステに250付与すると、
限界を超えた50は二分の一となって、25。計225となります。


Q・知人の僧兵に、矛僧兵は作るのはおすすめしないと忠告された。
A・職や特化ごとに早熟タイプや晩成タイプというものがあります。
早熟タイプであれば、レベルが低くても強ボスと戦えたりもします。
しかし、矛僧兵は超晩成タイプの雄であり、すべてのステータスを高いレベルで求められるため、
レベルや覚醒、装備などをそろえるために膨大な時間や労力が必要です。
知人の方はその苦労を知っているので止めたのだと思われます。


Q・最初はどの潜在をあげたらいいの?
A・基本潜在は応用力。練達。を埋めて、圧倒的に足りない器用から伸ばしていくのがいいです。
戦闘潜在は生命関連からがおすすめです。


Q・最初はどの技能を覚醒させたらいいの?
A・個人差はありますが、
矛僧兵三本柱(?)である「僧兵連撃」「閻魔撃」「金剛力」からがオススメです。
火力の底上げができたら、「極楽浄土改」「大喝」などに切り換えると良い感じで育成できます。

Q・いやらしい話なんですが、レベル64や65の矛僧兵はどのくらいのダメージがだせるの?
A・個人差はでますが、全身腕力50以上の器用4倍で覚醒威力20の棍棒装備だとして、
上覧巻物発動で、僧兵連撃で5000。閻魔撃で4000程度です。
矛特化としては物足りないかもしれません。城ノのではワンキルできるNPCは極めて一部です。

Q・極楽浄土改はイマイチな技能だと聞いたがホントか?
A・全く覚醒していない状態であればそうなります。

極楽浄土・・・気合消費1230。効果時間65秒。
極楽浄土改(未覚醒)・・・気合消費1450。効果時間80秒。滅却など上位結界を上書きできる。
極楽浄土改(フル覚醒)・・・気合消費1250。効果時間110秒。滅却など上位結界を上書きできる。


Q・特化目録には槍が必要な技能が多いが、
懐剣や棍棒を持った矛僧兵さんをよく見かける何故か?

A・薙刀が主流ですが、最大ダメージを求めて棍棒。
凶物理ではウェイトを求められるので、懐剣を使う方がいます。

Q・人型NPCと戦うとき準備を止めたい場面で、大喝や阿修羅槍では不安がある。
A・術止めは矛僧兵だと弱点の一つでもあります。
結界さえ張られていなければ完全全体などは、卍手裏剣で止めることができます。
卍手裏剣は安くはないですが、使う場面は少ないので少量でいいので手持ちにあると幅が広がります。

<おまけ>器用の話
器用といえば僧兵にとってはどうやって4倍にするかで頭を痛める要素なんですが、
サービス開始当初は器用にはダメージ安定の要素はなく、
芸は腕力耐久という初期振りが圧倒的に多かったです。
今で言う腕力器用振りは勇者振りといわれて少数派でした。
しかし、通称「器用パッチ」という仕様変更により、腕力耐久芸は窮地に立たされてしまいます。
当時は初期振り変更という救済措置もなかったからです。
そこで多くの武芸は武士道へ特化変更するという現象が見られました。
また、素の状態でレベルの4倍の器用をキープできる忍者、鍛冶、演舞は
器用を振る必要がないために実に多様なスタイルが確立されてますね。
僧兵持ちとしては実にうらやましい限りです。


次回は育成編になります。こうご期待!

<追記>育成編できました!←クリックでジャンプ

1ポチお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
信On・ブログ
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。