ブログパーツ ばるさん 予想






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

技能予想・反省会


新章の特化技能の情報が出だしましたので以前の追加技能予想記事の反省会をしてみたいと思います。

ガチで追加技能を考えてみよう。「武器取扱」編
ガチで追加技能を考えてみよう。「神典」編
ガチで追加技能を考えてみよう。「綺羅演舞」編
ガチで追加技能を考えてみよう。「僧兵之武」編
ガチで追加技能を考えてみよう。「武士道」編


■ 武士道

【ハズレ】 虚心坦懐(きょしんたんかい)
・「術攻撃に対する対抗手段」ということで、今後増えるであろう耐性低下技能対策として、
「心頭滅却」時に自身にかけられている、「耐性低下状態」を5%ずつ解除される技能を考えてみました。
あるいは「心頭滅却」でなくとも標的固定で解除でもよいかもしれません。

*自己耐性解除ではなく、「心頭滅却・改」で滅却の欠点を補う方向性であったようです。
あくまでも耐性は自己解決ではなく、徒党の連携でカバーしてほしいということでしょうか。

【ハズレ】 大死一番(だいしいちばん)
・魅力依存の近接攻撃技能。

*ボス戦終盤は手の空くこともあるので魅力依存の攻撃技能でもあればなぁと考案しました。
実際には武士道でも使用できそうな攻撃技能として、共通技能に「波紋両断・弐」が追加されるとのこと。
耐性ダウンの方が実用的ですよね。

■ 僧兵

【ハズレ】 僧兵薙刀術(そうへいなぎなたじゅつ)
・薙刀系武器を装備する事で、薙刀の攻撃力の数値x1,5倍分、特定の技能(閻魔撃・弐、羅刹浄天)の回復量が加算される。

*サブ回復能力の向上また薙刀の命中補正に注目して、僧兵版医療杖術を予想しました。
実際には「金剛智拳印」という形でサブ回復能力の向上が図られるようです。
いいアイディアだと思ったのになぁ……ゲフンゲフン。

■ 綺羅演舞

【ハズレ】仏舞
近接攻撃と同時に自身の最も低い属性の妖術ダメージを与え、同属性の四象を下降。

*鬼舞の逆バージョン。永続周天法持ちに四象の下降が有効ではという着想で予想。
実際には、相手にかかっている四象や地勢を解除する技能が追加されるようです。

■ 神典

【アタリ】 弓構え(神典版:憤怒の心)の追加。
戦闘開始時、行動蓄積値が一定値貯まった状態をつける。

*技能名は異なるものの、効果はピタリ。かろうじて1個ヒットでした……。
蓄積による射撃がサポート技能の軸となるだけに手を入れたようですね。

【ハズレ】 不変の御手の効果時間延長。

*ほぼ共通技能でサポートせざるを得ない神典のサポート能力の向上のためと予想。
実際には二者詠唱や神卸と詠唱付与の強化を軸とするサポート力UPがされるようです。

■ 刀鍛治

【ハズレ】 破刃心得
すべての単体への攻撃時に、武器耐久度低下状態を付ける。

*刀鍛治の良技能「破刃撃」相手の攻撃力を落とすことで被ダメージの軽減が
できるんじゃないかと思ったのですが、これはカスリもしませんでした。

・・・・・・・・・・・・・

*方向性そのものは近そうなのは無くはなかったのですが、ヒットは1個のみ。散々たる結果に終わりました。
実装されるまでのあれこれ考えている内が一番楽しいんじゃないかってことでお許しください。

あなたの愛がこのブログを育てます。
面白かったら1クリックお願いします。
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト
[ 2012/02/29 01:50 ] 予想 | TB(0) | CM(0)

「城下町」システムの予想!

* 「鳳凰の章」の目玉? 「城下町」とはどのようなコンテンツになるのか予想してみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

城下町(じょうかまち)とは、日本において、領主の居城を中心に成立した都市。
成立は戦国時代に始まる。城の防衛施設としての機能と、行政都市・商業都市としての機能を持つ。
wikipedia「城下町」より


「wikipedia」の記事をみるだけでも、「知行」や「一門所領」のような育成要素のある「箱庭コンテンツ」にピッタリだといえます。
この点に関してはまず間違いがないと思われます。
発展如何によって「生産材料」や「成長促進アイテム」が手にはいるのでしょうね。

注目なのは、領主の居城を中心に成立した都市。といったくだりです。
ここをどう解釈するかで方向性が見えてきそうです。

■ A説 勢力との繋がりを重視する 本拠地発展コンテンツ。

「勢力」でのコミュニティを形成することを目指した箱庭コンテンツ。
本拠地を所属プレイヤー達で発展させること(献上や合戦で貢献すると、本拠地に新たな施設の設置や区画整備ができる)
で一体感。連帯感をはぐくむ。

>一門システムで失敗したコミュニティシステムへの再挑戦が狙い。


■ B説 勢力との繋がりを重視しない ウェブサイト連動コンテンツ。

オンラインゲームにソーシャルゲームの要素を導入する試験的な箱庭コンテンツ。
「my GAMECITY」を介してPCのブラウザ上や携帯から遊べる。
「城下町」を通してゆるい繋がり程度の交流は持てる。(知人登録した仲間の城下町に訪問できるなど)
勢力から経営を任される形でスタートするものの、密接に勢力と結びつけるわけではない。

>こちらの説を着想するに至ったはこの記事の「my GAMECITY」に関する発言からです。

編: オンラインゲームの連携や連動はあるのですか?

小林氏: オンラインゲームとの親和性は高いと思っています。「大航海時代 Online」などについても「my GAMECITY」を通じてプレイすれば、オリジナルの特典アイテムが獲得できるようなイメージを想定しています。

ゲームとウェブサイトの連動の例としては、ポケットモンスターBWと「ポケモングローバルリンク」が有名です。

2011y09m20d_035148546.gif
*適当に作ったイメージ図

パソコン/携帯から、ウェブサイト(my GAMECITY)に接続、
サイト上でミニゲーム(城下町発展ゲーム)をすることで、本編にアイテムを持ち帰ることができる。
このようなシステムが導入されるのかもしれないです。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
[ 2011/09/20 01:32 ] 予想 | TB(0) | CM(6)

「第四陣」技能のチューニング内容の「予想」

「第四陣」で、大規模な技能のチューニングが行われるそうです。
そこでかなり早い気もしますが、好例??の技能修正内容の予想をしてみたいと思います。

*以下はあくまでも、自分の妄想です。その点にはご注意ください。
*また、狩り技能に有用な技能は予想から除外しております。
理由としては、ザコ狩り以外の育成方法の追加で狩り不遇問題はクリアできるという以前からの主張があるためです。
実際小田原の陣では武将のポイントが増えていますし、合戦でも技能覚醒を得られるようになってきています。
この方向の強化は今後も続いていくと自分は信じています。








[ 2011/05/27 07:13 ] 予想 | TB(0) | CM(6)

ガチで追加技能を考えてみよう。「神典」編

自分でもその存在を忘れていたガチで予想シリーズ。「神典」編です!

全職業・特化で唯一の弓の専門職です。
弓といえば潜在的に人気のある武器で、弓を扱う職業で遊びたい。
そのような経緯で神典を選ぶ方が多いわけですが、
神職の本来の役割・詠唱サポート役という部分が「神典」の頭を大いに悩ませる事になっています。

「10月アップデート」では、物理アタッカーの強化と銘打ってはあるものの、
実際はサブアタッカー化を推し進められたアップデートと言えます。
「神典」も例外ではなく、詠唱サポートをしつつ「月弓還矢」で蓄積を貯めるスタイルが確立しています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■強化の方向性

①特徴の強化:
詠唱サポートしつつ、「月弓還矢」による蓄積を貯め射撃を行うスタイルの強化。

②弱点の補完:
気合管理能力の低さ。詠唱サポート能力の低さをカバーする。

③方向性の変更
純粋な弓アタッカーへ変更する。

*③こそが、「神典」の宿願ではあるものの、バランス構成へ近づける近年の技能修正方針を
見る限りでは、サブアタッカーとして位置づけられているようで、望み薄と言ったところでしょうか。
今回は①を中心に考えていきたいとおもいます。

基本的なボス戦での流れ。
月弓還矢>詠唱付与・四>気合韻/不変の御手/子守>詠唱付与・四/天照の光矢(射撃)

気になるのは、
初手「月弓還矢」から入る事による開幕での不安定さ。
詠唱サポート役としては共通技能のみで射撃するタイミングを作りにくい。
天照の光矢の命中補正が心持たない。

といった点でしょうか。これらの問題点を解消する方向で強化案を考えて見たいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

■強化予想

■新技能:弓構え(神典版:憤怒の心)の追加。
戦闘開始時、行動蓄積値が一定値貯まった状態をつける。

*開幕の不安定さの解消と、神典のダメージを出したいという願望を満たすために考案。
武器取扱の憤怒の心と同様の効果を持つ。蓄積を切らせた場合は「月弓還矢」で再度更新可能。

■行動蓄積値の仕様変更。
行動蓄積値に、命中補正効果の追加。

*肝心な射撃のタイミングで外してしまう光景を何度もみました。
思った以上に天照の光矢の命中は低いため、行動蓄積効果に命中補正効果を追加。

■不変の御手の効果時間延長。

*天照の光矢(射撃)を行うタイミングを増やすために、不変の御手の効果時間の延長を考案。
2月アップデートの密教の孔雀、術忍の減殺の効果時間延長を参考にしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*今回は、現状の「月弓還矢」~「天照の光矢」の流れをスムースに行うという視点で強化の内容を考案してみました。
神典のダメージを出したいという願望と、サブアタッカーの制約の折衷案として、
神典版の憤怒の心を考えてはみましたが、強力すぎるということで採用はされないのかなぁ・・・。
また、神授気合はあると非常に便利なのですが、頑なに開放しない所を見ると維持でも追加しないのかもしれません。



あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
[ 2011/03/14 06:12 ] 予想 | TB(0) | CM(10)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。