ブログパーツ ばるさん 『信長の野望online』とは?






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「争覇の章」前期(実装~練磨の刻)を振り返る!

まもなく新章が始まります。
始まりがあれば終わりがあるわけです。
こんな時期ですし、
終わりゆく「争覇の章」の総括をしてみよう
というのがこの記事の主題です。

争覇の章が実装されたのが、2008年3月26日。
新生の章が実装(予定)なのが2010年3月24日です。
約2年という膨大な期間であるため、1記事にまとめるのは不可能だと判断しました。

そこで、
前期(実装~練磨の刻)、中期(覚醒の刻~団結の刻)、後期(出陣の刻~現在)
というくくりで振り返ってみたいと思います。
またこのくくりは自分が判断したものであります。
公式の見解ではないので、その点にもご理解ください。


■「争覇の章」前期(実装~練磨の刻)

►「争覇の章」での主な追加要素。

九州三国志の実装。 高千穂の実装。
大決戦。
中上級者クエスト。
上覧武術大会。 戦国絵巻
「嵐世記」サーバーの開始



*データ元。信長の野望オンライン寄り合い所本陣

►年表
「争覇の章」実装
2008年
3月24日
・九州三国志や「嵐世記」サーバーの開始など
多くの新要素の実装がされました。
臨時メンテナンスが度々ありましたが、
新章での大きな混乱はさほどみられませんでした。
島津への一極集中
実装~
夏頃まで
・史実での人気が反映されてか、
島津へ挑戦するプレイヤーの一極集中
がみられた。
・島津・沖田5の晶が当時では
突破が困難な壁であったため、
耳川1の田北を繰り返し倒すことで友好を稼ぐ
「耳1ノック」が流行した。
「暗殺はなんでもできすぎ?」スレッドが立てられる
2008年
4月8日
・公式掲示板で同名のスレッドが立てられた。
「陽炎」で付与される赤付与の貫通力や、
一刀流の気合ダメージから弱体論争に発展した。
このスレッドの影響からか、
のちに「陽炎」の赤付与の弱体。気合ダメージの修正が行われたのは有名な話である。
九州三国志
大名討ち取られる
2008年
4月頃
・当時有名だった攻略チームの方が
達成されたそうです
九州三国志
三カ国制覇者現れる
2008年
5月頃
・当時有名だった攻略チームの方が
達成されたそうです
第1回“上覧武術大会”
開催!
2008年
5月22日
・初の上覧武術大会が行われました。
東西対抗大合戦
2008年
6月11日~25日
・東洋水産とのタイアップイベントで
「赤い狐」と「緑の狸」に準えた
狐と狸をモチーフにしたイベントが行われた。
・皮肉にも、狐でも狸でもない
猫耳報酬が人気を集めた。
・武将の強化も同時に行われた。
イソノックの流行
2008年
夏頃
・「神々の森」のボス「イソタケル」を倒すことで
当時としては非常に高い数値の経験潜在や、
神秘石が入手できることからノックが流行した。
・イソノックの影響で
当時の成長要素の核であった「潜在」を

埋めきってしまうプレイヤーが続出した。
>新たな成長要素が必要になった。
>覚醒システムへのフラグとも言える。
七夕際
2008年
7月2日
・茶店娘に指定されたアイテムを渡すだけで
終了という簡素な内容に当時は味気ないと
批判の的となった
アップデート
真夏之宴
花火祭
2008年
8月6日
・上覧武術大会の配布個人戦の特別戦が行われた。
非常に好評だったものの、2009年では真夏之宴は開かれなかった。
アップデート
九州三国志のテコ入れ
(城報酬の強化)
 高千穂修正
(イソタケル強化)
2008年
8月27日
・批判や問題が多かった「イソノック」を
「イソタケルの強化」によって封じた。
・城報酬を強化することによって、
大友や竜造寺へ挑戦するプレイヤーが増加した。
観月際
2008年
9月10日
・各町に配置されたNPC「月兎」から引き受けることできるイベントを達成することで、報酬がもらえた。
「実りの秋キャンペーン」
2008年
9月24日
・対象ダンジョンでドロップする
「実りの銀貨」「実りの金貨」を集めることで、
紅葉手形(1000貫)などの報酬と交換することができるイベントが実施された。
今のばら撒きイベントの原型とも言えるイベント。
東京ゲームショウ2008
連動イベント
2008年
10月9日~12日
・スター☆から紅葉をもらい、
紅葉をスター☆に使用することでイベント後
特典がもらえるというもの。
サーバー対抗で行われた。
1位は覇王伝。以下天翔、嵐世、烈風、風雲、将星、群雄。
「練磨の刻」
毎日成長クエスト
集団会話の拡張
生産成長仕様の改善
2008年
10月29日
・毎日成長クエストが開始された。
日替わりで変更される依頼を達成することで
報酬が得られるというもので、
短時間で済ますことができることから好評を得た。
特に通常依頼での救援戦闘が盛況だった
公式ページのアップデート情報からまとめました。



►「争覇の章」前期を象徴する特化 「暗殺奥義」

 当時大きな論争を生んだ「暗殺はなんでもできすぎ?」スレッドが象徴するように「暗殺奥義」の強さが光りました。
「陽炎」によって貫通力を得ました。その上、当時は気合ダメージにキャップがありませんでしたから、
その貫通力から繰り出される気合ダメージはすさまじく、ボスでは暗殺3枚あるだけで完封できることもざらでした。
 しかし、その天下も長くは続きませんでした。2008年12月に行われた「覚醒の刻」での修正で、
陽炎の赤付与が弱体されると共に忍法の大幅な強化によって、その地位は陥落してしまうことになります。


►早解きチームの存在

 実装して1ヶ月も経たないうちに大名を討ち取ってしまうような凄腕攻略チームがありました。
自分は当時僧兵でどうやって晶を倒そうかと悩んでいる時期でもあっただけにすごく印象に残っています。
攻略情報が流れると共に対策等が一気にプレイヤーに広がってしまうこともあり、
「新生の章」ではこういった反省の元、チャプター制を導入したのでしょう。


次回は「争覇の章」中期となります。
需要があるのかは謎ですが、風呂敷広げてしまった以上は完走する所存であります。


あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初見さん向け、『信長の野望online』とは?

 アクセス解析を見ていると、意外と『信長の野望online』のことを知らない方もこのブログを見てくださっている方もいるようで、初見さんでもどのようなゲームなのか簡単なQ&Aで紹介をしてみたいと思います。

Q・どんなゲームなの?シミュレーション?
A・妖怪や死霊と戦う和風ファンタジーです。戦国時代を題材としたMMO(多人数参加型)RPGです。8職の中から一つを選んで、いずれかの国に所属しプレーできます(浪人プレーもできます)。育成はレベル制です。戦闘に特化したシステムでほとんどの仕様が戦闘に関連しています。自由度は低めです。

Q・戦闘はどのようなシステムなの?
A・コマンド制のクローズドバトルです。1ターンに1度コマンドを入力できます。FFのアクティブタイムバトルのようなイメージを持っていただければわかりやすいかもしれないです。アクションが苦手な人でも遊べます。

Q・戦国時代に詳しくないと遊べないの?歴史に詳しい人ばかりがプレーしているの?
A・背景を知っていたほうが楽しめますが、知らなくても問題はありません。プレーしている方も、戦国時代について詳しくない方が大多数です。逆に詳しい仲間とかを求めてプレーを始めると、ガッカリしてしまうかもしれません。

Q・短時間で遊べるものなの?
A・短時間で遊べるコンテンツもありますが、ソロプレイはしにくい仕様となっており、基本は7人パーティーを組んで狩りやボスに挑むことになります。狩りは100分を1セットとしてパーティを組むことが前提となっています。

Q・遊ぶにはどのような機器が必要なの?
A・PC版か、PS2版があります。PS2版で遊ぶにはHDD搭載型でないと遊べません。現行の薄型PS2や、薄型PS3では遊べません。現在ではプレイステーション2本体とセットのBB Packのみ販売されています。取り扱ってないお店も多く、インターネットで購入される方が確実かもしれません。ですので、今始められるのであればPC版の方が始めやすいです。

PC版
ある程度のスペックは必要です。ベンチマークソフトを公式でDLできるのでそちらで先に調べておくとよいです。→ベンチマークページへ。

PS2・使用可能機器一覧
○=遊べる X=遊べない

○・PS2・SCPH-10000/15000/18000(外付けHDDを搭載することで可能・生産中止)
○・PS2・SCPH-30000/35000/37000/39000/50000/55000(内臓型・生産中止)
○・PS2・BB Pack
○・PS3・20・60GBモデル(生産中止)

X・薄型PS2
X・PS3・40GBモデル(生産中止)
X・PS3・80GBモデル(生産中止)
X・薄型PS3


Q・プレイ料金はかかるの?アイテム課金なの?
A・体験版はレベル20までは無料です。それ以降は製品版へアップグレードし、月額1260円かかります。アイテム課金はありません。

Q・RMTは横行しているの?
A・明らかに業者さんと思われるPCの方はいます。さすがに大声で堂々と売買しているといったことはありませんが、規制も緩いほうじゃないかと言われています。

Q・PVはどうなの?
A・合戦場や、一部のフィールドでは行うことができます。上覧武術大会というサーバーの垣根を越えたPVの大会もあります。敵対国のPCを襲ってアイテムを奪うようなことはできません。

Q・今からはじめても、ついていけるものなの?
A・初心者や中級者向けのコンテンツは充実しているので、今から始めてもついてゆけます。ある段階からは仲間や、私設に所属していないと難しい場面もあります。

Q・情報を集めたいが、押さえておきたい有名どころのサイトは?
A・ばるさ・・・・。すみません。

『信長の野望online争覇の章公式サイト』
公式サイト。

『信長の野望online能力計算機』
初期振りに悩んだらココ。ファイヤーフォックスだと使えないかも・・。

『信長の野望オンライン寄合所(本陣)』
wikiです。欲しい基本情報ならほぼここで手に入ります。

『信長の野望online戦国案内所』
戦国時代の背景を知りたければココ。国勢関係も網羅。

『4Gamer.net』
何故か公式ページよりも詳しい情報が載っていることもある、ゲーム情報ページ。

『信長オンライン職業生産板』
スレ。貴重な情報が眠ってます。

『るるる生産所(争覇対応) - 信長の野望online』
生産職人必見。

『べるるんリーダー』
信長の野望onlineのブログのRSS。

『ゲームブログ村』
ブログのランキングサイトです。

こ、こんな所かな・・・。不足点あればドンドン指摘おねがします。

あなたの愛がこのブログを育てます。
1日1クリックお願いします↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。